お店を検索する

村上畳店

【京都駅】ムラカミタタミテン

一級技能士 村上 茂

  • 定期的に畳表を張り替えることで、より長持ちするという。畳の香りが、安らぎへと導いてくれる。

  • 分厚い畳を縫うのには、相当な力が必要。真っ直ぐに縫う職人技を感じて欲しい。


大きな地図で見る

日本人が愛する清らかな香りを。

日本独自の文化である畳。畳表に使用される、い草の清らかな香りは、古くから日本人の心に安らぎを届けてきた。現在では、機械縫いがほとんどであるが、複雑な箇所は手縫いで行われる。一針一針、心を込めて丁寧に、職人の技が成せる真っ直ぐな縫い目が、畳の美しさを誇っている。畳表のい草は、収穫後に泥染をして、ツヤと色、そして香りを引き立たせている。今では中国産も多いが、やはり国産の方が香りも持ちも違うという。日本人が大切にしたい香りがここにある。

  • 〒600-8317 下京区若宮通正面下ル鍵屋町622
  • 075-371-0905
  • 9:00〜17:00
  • 日曜休
  • 近くにコインP有
  • ※新畳、表替、裏返し、上敷など畳に関する事はお気軽にご相談を。