1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 伝統芸能の楽しみ方

伝統芸能の楽しみ方

能楽堂へ行こう vol.49


弱法師

わが国では昔から季節感を大切にしてきました。能も例外ではありません。寒さの厳しい季節からだんだん暖かくなっていくこの時期、花なら梅から桜に移っていくこの季節に合った曲が、二月と三月の京都観世会例会でも上演されます。二月の「弱法師」では、人の嘘によって親に追いやられ、盲目の乞食となった弱法師は、孤独の中、梅の花の香を聞き、散る花を袖に受け、仏の施しを感じます。三月の「胡蝶」では舞台に梅の立ち木が出され、いつもは季節的に無理な梅の花に接することができた喜びに、胡蝶は花に戯れて舞います。同じ三月の「忠度」は、〝行き暮れて木の下蔭を宿とせば、花や今宵の主ならまし〟と詠んだ平家の公達忠度が須磨の浦に果てた戦を、花の華やぎの中に描いた能で、ここでの花は桜です。また三月の素謡会(舞わずに能の謡だけをうたい一曲を演奏する)でも「田村」「三山」「海士」と、春の曲が謡われます。

【 京都観世会 2019年2月15日~3月31日の催し 】

● 京都観世会2月例会
2月24日(日)11:00〜
[主な演目]
 能 「弱法師」:味方玄
狂 言「二九十八」:茂山千三郎
 能 「源氏供養 舞入」:杉浦豊彦
 能 「烏帽子折」:大江信行
[ 入場料 ]
一般前売 6,000円
一般当日 6,500円
 学生  3,000円


● 京都観世会 春の素謡と仕舞の会

3月10日(日)11:00〜
[主な演目]
素 謡「田村」:味方玄
素 謡「三山」:青木道喜
素 謡「景清」:梅若実
素 謡「海士」:越賀隆之
[ 入場料 ]
一般前売 4,500円
一般当日 5,500円
 学生  2,500円


● 京都観世会3月例会

3月24日 (日) 11:00〜
[主な演目]
 能 「忠度」:吉浪壽晃
狂 言「昆布売」:善竹彌五郎
 能 「胡蝶」:河村博重
 能 「善知鳥」:浦田保親
[ 入場料 ]
一般前売 6,000円
一般当日 6,500円
 学生  3,000円

 

京都観世会館

京都市左京区岡崎円勝寺町44
お問い合わせ|tel.075-771-6114
(月曜休館日、月曜が祝日または振替休日の場合は火曜日が休館日となることがあります)
http://www.kyoto-kanze.jp/
⬛️ 地下鉄東西線「東山駅」下車 1番出口から徒歩約5分
⬛️ 京都市バス[5][100]で「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩約3分
⬛️ 京都市バス[31][46][201][203]で「東山仁王門」下車徒歩約5分

 

関連記事