1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 本がくれた忘れられない言葉

本がくれた忘れられない言葉

冒頭で紹介される世界の「常識」に関する三択のテスト、例えば「世界の平均寿命はおよそ何歳でしょう?」という問題に、ほとんどの人は正解を答えることができません。それは私たちがどうしても「ドラマチックすぎる世界の見方」をしてしまうからです。そうではなくて、事実(ファクト)に基づいて世界を見ましょう、というのがこの本です。ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元大統領も絶賛の一冊。

FACT FULNESS
ハンス・ロスリング 著/2019年/日経BP社

 

本書は樹木さんが生前に遺した120の言葉を掲載しています。 老い、孤独、病い、仕事、家族、夫婦関係……誰もが人生で直面する 「壁」をどう乗り越えればいいのか――。 きっと樹木さんの言葉がヒントになるはずです。

樹木希林120の遺言
死ぬときぐらい好きにさせてよ
樹木希林 著/宝島社/2019年

 

京都の様々な場所と、源氏物語や古今和歌集に始まり、道元、世阿弥、頼山陽、鈴木大拙、三島由紀夫に至るまでのさまざまな言葉の交錯。思想による京都「逍遥」。 

京都思想逍遥
小倉紀蔵 著/筑摩書房/2019年

 

グーグルの検索も政府の監視も及ばないインターネットの暗部――ダークウェブ。そこで行われているヤバい話が満載。さらにニック・ランド「新反動主義」や加速主義などの最先端の思想も紹介されています。

ダークウェブ・アンダーグラウンド
木澤佐登志 著/イースト・プレス/2019年

 

Kotochika御池店
tel.075-708-8655

中京区虎屋町「烏丸御池駅」構内
〈平日〉7:30~21:00
〈土・日・祝日〉9:00~21:00

新着情報からイベントまで、充実のコンテンツ
http://www.books-ogaki.co.jp/