1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 3月6日(金)MOVIX京都にドルビーシネマがオープン!

3月6日(金)MOVIX京都にドルビーシネマがオープン!

最先端の映像技術と立体音響技術による臨場感あふれる究極の映画体験を提供してくれる『ドルビーシネマ』が、京都市内を代表するシネコン・MOVIX京都に3月6日(金)から導入されます。

   

京都エリア初導入! ドルビーシネマのすごさとは

ドルビーシネマは、最先端の映像技術『Dolby VisionⓇ(ドルビービジョン)』と立体音響技術の「Dolby AtmosⓇ(ドルビーアトモス)」を採用し、さらに映画鑑賞に最適化されたシアターデザイン(インテリアカラー、空間デザイン、座席アレンジメント)がそれらの技術と一体となった、特別なシアターです。

  

◆ Dolby VisionⓇ(ドルビービジョン)

広色域で鮮明な色彩と幅広いコントラストを表現するハイダイナミックレンジ(HDR)映像をスクリーンに映しだし、今まで映画館では体験できなかったドラマチック イメージングを実現。

◆ Dolby AtmosⓇ(ドルビーアトモス)

「音声オブジェクト」と「天井スピーカー」という映画音響にとって革新的な2つの概念を導入した最新シネマ音響技術。音が力強く劇場内の3次元空間を駆け巡り、まるで映画のストーリーに入りこんだような心揺るがすムービング オーディオを実現。

   

圧倒的な映像美と音響によって、まるでスクリーン上の世界にいるような臨場感あふれるシネマ体験を届けてくれるドルビーシネマは、世界中の映画ファンから圧倒的な支持を得ています。

   

南館4Fがドルビーシネマ専用シアターに。最前列には8席限定のリクライニングシートも♪

MOVIX京都の南館(ゲームセンターがある方です)のエスカレーターを4Fまで上がると、そこにはプレミアムな映画鑑賞空間が。映画映像の中を通ってシアター内へ入場するAVP(オーディオビジュアルパス)(写真上)は私たちを非日常な映画の世界へと誘ってくれます。

  

シアター内は、映画に集中できるよう、可能な限り無駄を排し、究極の快適さを実現する空間に。さらに最前列には8席限定でリクライニングシートが設置されています。オットマン付なので、足を延ばして、心も体もリラックスした状態で映画鑑賞が楽しめます。

   

オープニング作品は『Fukushima50 フクシマフィフティ』

© 2020『Fukushima 50』製作委員会

  

記念すべきオープニング作品は、佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、安田成美ら豪華キャストが集結した大作『Fukushima50 フクシマフィフティ』。全世界が注視した、福島第一原発事故の最前線で戦い続けた人々の“真実の物語”をぜひドルビーシネマでご鑑賞ください!

   

『Fukushima50 フクシマフィフティ』の公開を皮切りに、今後もさまざまな作品がドルビーシネマで楽しめると思うと、今からワクワクが止まりません!

京都の映画カルチャーに新旋風を巻き起こす、MOVIX京都のドルビーシネマをぜひ体感してください!!!

   

  

Information

◆料金

ドルビーシネマ作品:鑑賞料金+一律500円(税込)

ドルビーシネマ3D作品:鑑賞料金+一律900円(税込)

【鑑賞料金】

一般:1,800円 大学生:1,500円 高校生:1,000円

中学・小学生・幼児(3歳以上):1,000円

※作品によっては2歳以上から料金が発生します。※3歳未満のお客様にお座席が必要な場合は幼児料金が発生いたします。

   

◆場所

京都市中京区新京極三条下ル桜之町400番

【Googleマップで見る】

  

◆お問い合わせ

☎050-6865-3125

※10:00~22:00は、オペレーターへ転送できます。(24時間上映案内&FAX案内サービス)

  

MOVIX京都のHPはこちら