1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 伝統芸能の楽しみ方

伝統芸能の楽しみ方

能楽堂へ行こう vol.58


千手 片山幽雪

能楽堂へ行こう。でも今は行けません。令和2年(2020年)は大袈裟に言うと、人類に とって忘れられない年になりそうです。と、云うのも、世間を騒がせている新型コロナウイルスの感染問題です。関西にある能楽堂も催し物を自粛したり、中止あるいは延期を余儀なく されています。安倍首相が2月26日に大規模イベントの自粛を要請してから、興行が次々取り止めとなっています。ある事例では「クラシック音楽事務所が予定通りコンサートを開くと発表したら『人命より金を優先するのか』などの批判がSNSを中心に殺到。結局アーティスト側から『叩かれてしまうのでは』と申し出があり、公演は中止になった」と云う事例があります。宝塚歌劇団も3月に公演を再開したが、わずか3日で中止。こうした措置がとられたのは、 自粛を求める苦情が相次いだためと云われています。能楽堂ではその様な批判等は有りませんが、やはり拡散防止の上から、公演を自粛しています。この様な状況が続けば、 不謹慎かもしれませんが、能楽界だけを見れば能楽師(シテ方、脇方、狂言方、囃子方)の収入源の減少、特に若手能楽師は糊口を凌ぐ有様です。この新型コロナの早期収束を思うと共に、延期公演の再開の時には、多くの人達のご来場を賜ります様に祈ります。

【 京都観世会 2020年5月1日~6月30日の催し 】

● 京都観世会5月例会
5月24日(日) 11:00〜
[主な演目]
 能 「頼政」:橋本擴三郎
狂 言「棒縛」:小笠原匡
 能 「千手 郢曲之舞」:浦田保浩
 能 「舎利」:田茂井廣道
[ 入場料 ]
一般前売 6,000円
一般当日 6,500円
学生 3,000円


● 第6回復曲試演の会

6月14日(日) 13:00〜
[主な演目]
復曲能「篁」:味方 玄
 能 「古演出による 葵上」:河村晴道
[ 入場料 ]
S 席(1階正面指定席)8,000円
A 席(1階脇正面指定席)7,000円
B 席(1階中正面自由席/2階自由席)6,000円
学生席(2階自由席) 2,000円


● 京都観世会6月例会

6月28日(日) 11:00〜
[主な演目]
 能 「賀茂」:浦部幸裕
狂 言「茫々頭」:善竹隆司
 能 「班女 笹之伝」:青木道喜
 能 「野守 黒頭」:大江信行
[ 入場料 ]
一般前売 6,000円
一般当日 6,500円
 学生  3,000円


※新型コロナウイルス感染拡大の影響で催しが延期・中止になる場合があります

 

京都観世会館

京都市左京区岡崎円勝寺町44
お問い合わせ|tel.075-771-6114
(月曜休館日、月曜が祝日または振替休日の場合は火曜日が休館日となることがあります)
http://www.kyoto-kanze.jp/
⬛️ 地下鉄東西線「東山駅」下車 1番出口から徒歩約5分
⬛️ 京都市バス[5][100]で「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩約3分
⬛️ 京都市バス[31][46][201][203]で「東山仁王門」下車徒歩約5分

 

関連記事