1. HOME
  2. 記事一覧
  3. ワインに合う和菓子『はいチーズ』を食べてみた♪

ワインに合う和菓子『はいチーズ』を食べてみた♪

京都の銘菓をお取り寄せして、おうちで京都気分を楽しもう♪

自宅にいながら京都気分が楽しめるお取り寄せスイーツの魅力をゴ・バーン編集部の甘味担当・編集Aがレポート♪ 京都の名店が生み出す絶品スイーツをあなたもぜひお取り寄せください!


クリームチーズが主役の “新感覚” 和菓子

今回レポートする御菓子『はいチーズ』は、京都府城陽市に店を構える『旅籠屋 利兵衛』(はたごや りへえ)の人気商品。洋の材料であるクリームチーズを伝統的な和の技法で表現した”新感覚”のスイーツです。そのため、和菓子というカテゴリながらコーヒー紅茶ワインとの相性も抜群なんだそう。

『はいチーズ』を販売している『旅籠屋 利兵衛』は、京都府城陽市で明治時代から店を営んでいる老舗和菓子店『松屋』が2017年に立ち上げた新ブランド。「御菓子の持つ新たな可能性の追求」という理念のもと、伝統的な和菓子の製法に洋菓子の技法・感性を取り入れた、新感覚の御菓子を販売されています。城陽市におでかけの際はぜひ足を運んでみてください♪

『旅籠屋 利兵衛』の公式サイトはこちら


『はいチーズ』とのペアリングNo.1の飲み物を検証!

先ほども述べましたが『はいチーズ』は和菓子でありながら、日本茶だけでなくコーヒー、紅茶、ワインとのペアリングもおすすめなんだとか。そこで今回はお茶、コーヒー、紅茶、ワインと実際に合わせてみて、どの組み合わせが一番おいしいのかを勝手にランク付けします!

まずは普通に実食。生地の優しい甘さがチーズのさわやかな酸味を引き立てる!

ペアリングを試す前に、まずは『はいチーズ』の魅力そのものを味わうべく、水をお供に実食。

外見はおばあちゃんの家にありそうな普通のおまんじゅう。皮はクッキー生地なんだそうでしっとりやわらかな手触り。鼻孔をくすぐるほのかな甘い香りが心地よいですねー。

半分に割ってみるとクリームチーズの餡がぎっしり。うひょ〜〜〜、これはおいしそう♪ いただきまーす。

うん! 皮も餡もなめらかな口当たりがたまらない。くちどけの良さが同じくらいなので皮と餡が口の中できれいに溶け合います。噛むほどに広がるクリームチーズのフルーティーな酸味が心地よく、甘さが控えめのクッキー生地のさっぱりとした味わいもGOOD。生地に練り込まれたアーモンドの香ばしさがアクセントになっており、何個でも食べられそう(笑)。甘いものが苦手な人でもおいしくいただけると思います♪

うーん、飲み物と合わせる前から既においしい。

ペアリング① お茶

まずは和菓子の王道ペアリングであるお茶(緑茶)と合わせてみる。

パク、ズズズ…。

予想に反して緑茶の香りと全然喧嘩しない! アーモンドの風味がいい感じに緑茶の風味とマッチしています。普通にお茶請けとして通用するレベルの相性でクリームチーズの酸味とも調和がとれています。抹茶ティラミスしかり、茶とクリームチーズはそもそも相性がいいのかもしれない。ほうじ茶の方が皮の風味とよりマッチするかもしれません(試せばよかった…)。

ペアリング② コーヒー

続いてコーヒーとの組み合わせをお試し。今回は浅煎りのブラックコーヒーを用意しましたが、はたして…。

パク、ゴクリ…。

なるほど、チーズの酸味がコーヒーの酸味と結構合う! これは浅煎りにして正解だった! 逆に苦みが強く感じられる深煎りコーヒーだと、チーズの酸味とあまりマッチしない気もしますね。『はいチーズ』は渋みと合うけど、苦みとは合わないと個人的には思いました。クッキー生地の優しい甘さがコーヒーの風味を引き立ててくれるので、皮との相性は◎。

ペアリング③ 紅茶

さて3番手は紅茶です。用意したのはストレートのアイスティー(無糖)。ちなみに紅茶大国であるイギリスでは紅茶にチーズを合わせることが一般的と聞き、期待度がグングン上昇しています(後日調べたら、主にミルクティーと合わせるそうでした…汗)。それではいただきます。

パク、グビリ…。

おおう、滅茶苦茶合うぞこれ! 紅茶特有の渋みが皮の甘さやチーズの酸味と見事に調和します。また、チーズ餡のクリーミーな味わいが紅茶の風味と合わさってミルクティーのような後味になるのも素敵です♪ 『はいチーズ』の優しい甘みとフレッシュな酸味を紅茶の香りがさわやかに包み込むことで、食べ終えた後の余韻がさっぱりとしているのも高評価。

ペアリング④ ワイン

いよいよ最後の組み合わせ、ワインです。和菓子にワインを合わせること自体初めての体験のため、少しドキドキしますね。ちなみに選んだワインは赤のライトボディです。さっそく実食。

パク、クイッ…。

…なんと見事なマリアージュ♡ ワインの渋みが皮の甘みを際立たせます。チーズ餡のフレッシュな酸味とコクがワインの香りや風味を引き上げてくれるので、飲んだときの満足感もアップ。なによりチーズのクリーミーさが余韻をまろやかにしてくれるので、グラスを取る手がどんどん進みます(笑)。白やロゼとのペアリングもぜひ試してみたい!


結果発表&購入方法について

さて、各ペアリングを検証し終え、お腹がタプタプの状態ですが(苦しい…)、『はいチーズ』とのペアリングNo.1ランキング(超個人的)の結果を発表します。

……

………

…………

1位:ワイン(赤)

2位:紅茶(ストレート・無糖)
3位:緑茶
4位:コーヒー(ブラック)

 

迷う余地なく決まりましたよ。もう、「こんなに合うのか!」と驚くレベルでワインとマリアージュしました。意味不明な表現ですが、自分の中で満場一致の1位です。甘いものが苦手なお酒好きの人にはぜひ食べて欲しい! 父の日のプレゼントにもピッタリだと思います♪

 

『はいチーズ』はゴ・バーンが運営するECサイト『ゴ・バーンの目ストア』内で絶賛販売中!

レポートを見て興味を持った人は、ぜひ一度お取り寄せして食べてみてください!

 

下記リンクから商品ページへ飛んでお買い求めください。

ゴ・バーンの目