1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 【8月14日@京都シネマ】映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』

【8月14日@京都シネマ】映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』

©FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』

1933年、ヒトラーに取材した経験を持つ若きイギリス人記者ガレス・ジョーンズは、危険な過激思想に染まったヒトラーがあらたな世界大戦を引き起こすのではないかという懸念を抱き、イギリスはソビエト連邦のスターリンと組むべきと考えている。しかし、ジョーンズには大いなる疑問があった。世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、モスクワに滞在していた友人の記者ポール・グレブが殺されたことを知る。グレブの死を不審に思ったジョーンズは、ニューヨーク・タイムズ モスクワ支局で働くエイダ・ブルックスに探りを入れる。ジャーナリストとしての使命感に駆られて真実を追い求めるジョーンズのひたむきさに心動かされた彼女は「ウクライナ」という謎めいたキーワードをつぶやく。外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、ジョーンズはすべての答えが隠されているウクライナ行きの列車に乗り込む。やがて、凍てつくウクライナの地で彼が目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった……。 

監督:アグニェシュカ・ホランド

出演:ジェームズ・ノートン、ヴァネッサ・カービー、ピーター・サースガード

配給:ハピネット

 

京都シネマほかで8月14日(金)公開
公式サイトはこちら