1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 京都シネマスタッフのおすすめ映画レビュー★ vol.2『天使の分け前』

京都シネマスタッフのおすすめ映画レビュー★ vol.2『天使の分け前』

世界には目を凝らさないと出会えないような名作映画がたくさんあります。それはミニシアター系のアート作品だったり、劇場公開されずにパッケージ化された作品(通称:DVDスルー)、あるいはまったく無名の若手監督のデビュー作品だったり…。それらの中から「この作品に出会えてよかった!」とあなたに思ってもらえるような一本が見つかりますように。

Vol.2

『天使の分け前』

ドヤ顔でとっておきのボケをかました後、残念ながら私のユーモアは誰の心にも刺さらず気まずい時間が流れてしまう。ドスベりしたその数瞬間を欧米では「天使が通りすぎた」って呼ぶみたいです。正確には会話や座談がとぎれて、一座の者が黙り込むことをいうフランスのことわざ。フランス人はいつも気の利いた言葉を考えますよね

さて、今回ご紹介する映画は名匠ケン・ローチによる珍しいちょっとコメディっぽい作品。マイナー映画と呼ぶのはおこがましいほど世界的評価の高い監督です。

© Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Urania Pictures, France 2 Cinéma, British Film Institute MMXII

~Story~

スコッチ・ウイスキーの故郷スコットランド。育った環境のせいでケンカ沙汰の絶えない若き父親ロビーは、刑務所送りの代わりに社会奉仕活動を命じられる。そこで出会ったのが指導者でありウイスキー愛好家であるハリーと、3人の仲間たち。ハリーにウイスキーの奥深さを教わったロビーは、これまで眠っていた“テイスティング”の才能に目覚め始める。ある日、オークションに100万ポンドもする樽入りの超高級ウイスキーが出品されることを耳にしたロビーは、人生の大逆転を賭け、仲間たちと一世一代の大勝負に出るが…。

© Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Urania Pictures, France 2 Cinéma, British Film Institute MMXII

ウイスキーがもたらしたかけがえのない出会いが、粗暴な若者の人生を少しずつ変えていく。恋人と生まれてくる子供のために人生を立て直そうと初めて現実と向き合う主人公のことがどんどん好きになっていって、ハラハラドキドキ、手に汗を握りしめて応援してしまいます。トラブルや問題を抱えていて自暴自棄になったり将来に不安があるとき、自分を導いてくれて尊敬できる誰かに出会えるというのは本当にステキなことだと思います。そんなオビ=ワン・ケノービみたいな人どこかにいないかな。

© Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Urania Pictures, France 2 Cinéma, British Film Institute MMXII

ちなみに『天使の分け前』というタイトルになった言葉にも元ネタがありますウイスキーは樽の中で熟成のときを重ねる間に樽のすき間から少しずつ蒸散し、だんだんとその量を減らしてい。昔のウイスキー職人たちは、減ったウイスキーのことを「天使の分け前(Angels share)」と呼んできました。ロマンチックなお話ですね。私は映画を見るたびにひとつずつ賢くなっていくような気がします。マイナー映画が与えてくれる楽しみはひとつではないのかもしれません。

 

The Angels’ Share/2012/イギリス=フランス=ベルギー=イタリア/101/監督:ケン・ローチ/出演:ポール・ブラニガン、ジョン・ヘンショー、ガリー・メイトランド、ウィリアム・ルアン

 


 

京都シネマで近日公開のおすすめ作品

『スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』

© 2019 ADNP – TEN CINÉMA – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – BELGA PRODUCTIONS – QUAD+TEN

さて、『天使の分け前』と同じようにドロップアウトした若者たちが自分の生き方を探して葛藤する映画スペシャルズ!政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話がいよいよ京都シネマで公開します。2012年に大ヒットした『最強のふたり』エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督が今回描いたのは自閉症児をケアする施設に働く男たちの実話をもとにしたヒューマンドラマ。「無認可・赤字経営・閉鎖の危機」と三拍子そろった施設で、問題を抱えた子供たちを救うためにはどうしたらいいのか。見た目はコワモテなヴァンサン・カッセルとレダ・カテブが愛情深い人間味をにじませて私たちの心に暖かな光をともしてくれます。必見ですよ!

© 2019 ADNP – TEN CINÉMA – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – BELGA PRODUCTIONS – QUAD+TEN

~Story~

ブリュノは今日も朝から大忙し。自閉症児をケアする施設〈正義の声〉を経営しているのだが、どんな問題を抱えていても断らないために、各所で見放された子供たちで施設はいつもいっぱい。〈正義の声〉で働くのは、ブリュノの友人マリクが運営する団体<寄港>教育されたドロップアウトした若者たち。社会からはじかれた子供たちをまとめて救おうとしているこの施設にある日閉鎖の危機り…

© 2019 ADNP – TEN CINÉMA – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – BELGA PRODUCTIONS – QUAD+TEN

 

Hors Normes /2019年/フランス/114分/監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ/出演:ヴァンサン・カッセルレダ・カテブ

9月11日(金)より京都シネマで公開!

 


(文)京都シネマ
中根沙絵さん

tel.075-353-4723

〒600-8411 下京区烏丸通四条下ル西側 COCON烏丸3F

公式HPはこちら