1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 《Twitterプレゼント実施中!》映画『さくら』【11月13日(金)公開】

《Twitterプレゼント実施中!》映画『さくら』【11月13日(金)公開】

 

© 西加奈子/小学館 ©2020 「さくら」製作委員会

【Twitterプレゼント企画実施中!】映画『さくら』【11月13日(金)公開】

《累計55万部を突破した西加奈子の傑作小説がついに映画化!》ごく普通の家族と、いつも家族に寄り添う愛犬のさくら。そんな5人と1匹の家族が、残酷な運命に翻弄されながらも強く生きていく姿を、やさしいユーモアを交えて描いた映画『さくら』が、11月13日(金)に全国ロードショー。

 

© 西加奈子/小学館 ©2020 「さくら」製作委員会

~Story~

音信不通だった父が2年ぶりに家に帰ってくる。長谷川家の次男・薫(北村匠海)は、その年の暮れに実家へと向かった。けれど兄の一(ハジメ・吉沢亮)の姿はない 。薫にとって幼い頃からヒーロー のような憧れの存在だったハジメは、2年前のあの日、亡くなった。 そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだ。そのつながりを繋ぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を回想する。それは、妹・美貴(小松菜奈)の誕生、愛犬・サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋……。長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々。やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大晦日に訪れようとしていた──。

 

© 西加奈子/小学館 ©2020 「さくら」製作委員会

『無伴奏』の矢崎仁司監督が、一つの家族を通してさまざまな感情を描く

本作の監督を務めるのは『三月のライオン』(92)や『ストロベリーショートケイクス』(06)、『スイートリトルライズ』(10)、『太陽の坐る場所』(14)、『無伴奏』(16)など、、人間の複雑な感情を映し出した詩情溢れる作品を多数生み出してきた矢崎仁司氏

 

矢崎監督が「長谷川家」という1つの家族を通して、夫婦、兄弟妹、親子、初めての恋、一途な愛、生と死、そして生きることの意味を丁寧に描いた、心に深く刻まれるであろう “家族の物語” をお楽しみください。

 

© 西加奈子/小学館 ©2020 「さくら」製作委員会

長谷川家の3人兄弟妹を演じるのは、北村匠海・小松菜奈・吉沢亮の3人!

物語の主役である薫、美貴、一の3兄弟妹を演じるのは、北村匠海、小松菜奈、吉沢亮の3人。北村さんが演じる主人公・薫は平凡だけど素直で心優しい青年。そんな薫にとって、吉沢さんが演じるイケメンで人気者の兄・一は、まさにヒーローのような憧れの存在でした。そして2人の妹で、美しい容姿と破天荒な性格を持つ末っ子・美貴を小松さんが演じます。

 

~演者コメント~

映画「さくら」公式サイトより転載 https://sakura-movie.jp/

吉沢亮さん小松菜奈さんをはじめとする本当に強力かつ個性のある共演者の皆様とお芝居できる時間がとても幸せに思います。一つの家族の大きな愛、小さな愛、一匹の犬にまつわる、愛情。端的には言えない、愛と情の物語です。丁寧に一言一言を紡いで力を合わせて作り上げていきたいと思います。頑張ります。

北村匠海

 

矢崎監督とのお仕事は今回が初めてで、共演者の方々と一つの家族になるのは緊張でもあり未知の世界ですが、これからこの家族にどんな色がついていくのかとても楽しみです。原作からも浮き出てくるリアルな家族のやり取りと喜怒哀楽の光景がとても微笑ましく、その中で感じる生きるとは何か・愛とは何か・家族とは何か、そんなメッセージが伝わる心温まる再生物語だと感じました。今回演じさせていただく末っ子のミキと常に向き合い、とても奮闘する日々になると思いますが、自分の感じた想いを大切にミキとして生きていきたいです。

小松菜奈

 

矢崎監督、共演者の皆様は初めましての方ばかりで、皆様とどのような家族ができあがるのか、とても楽しみです。不安もありますが、監督と話し合いながらこの一家の光であり影である一という役を精一杯生きたいと思います。僕自身男4人兄弟で、女姉妹に憧れていました。妹、ワクワク。

吉沢亮

 

 

【11/2~11/9】Twitterにてプレゼント企画を実施中!

映画の公開を記念して、『さくら』の「プレスシート」(非売品)が3名様に当たるTwitterプレゼント企画を実施中。 

応募方法はゴ・バーン公式Twitterアカウントをフォローし、該当ツイートをRTするだけ!

ゴ・バーン公式Twitterアカウント(@gobaaan583)はコチラ

ぜひぜひご応募ください♪

 

 

映画『さくら』11月13日(金)よりMOVIX京都ほか全国ロードショー。

 

監督/矢崎仁司、脚本/朝西真砂、音楽/アダム・ジョージ、出演/北村匠海、小松菜奈、吉沢亮、小林由依(欅坂46)、水谷果穂、山谷花純、加藤雅也、 趙珉和、 寺島しのぶ、永瀬正敏、原作/西加奈子「さくら」(小学館刊)、主題歌/東京事変「青のID」(EMI Records/ユニバーサル)、配給/松竹

 

 

新着記事

カテゴリー