1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 《New Open News》『ボノワール京都』洋と和を融合させた新しい洋菓子専門店【12/10(木)OPEN】

《New Open News》『ボノワール京都』洋と和を融合させた新しい洋菓子専門店【12/10(木)OPEN】

 

《New Open News》『ボノワール京都』洋と和を融合させた新しい洋菓子専門店【12/10(木)OPEN】

京都・銀閣寺参道に、洋と和を融合させた新しい洋菓子を提供する洋菓子専門店『ボノワール京都』が2020年12月10日(木)にオープン! 

 

クッキーとパイを合わせたサクサクの生地でくちどけなめらかな抹茶チョコを重ねた看板商品の「葉の茶かさね」や、キャラメルソースのトロリとした食感がたまらない「京みつサブレ」などの新感覚スイーツを楽しむことができます。

 

店舗情報
店名 ボノワール京都
住所 京都市左京区銀閣寺町75-1
営業時間 10:00~17:00(不定休)※季節により営業時間が変更となる場合があります
オープン日 2020年12月10日(木)
アクセス 「銀閣寺」から徒歩約1分

 

【PICKUP SWEETS】

 

葉の茶かさね」(6個入/1,080円、10個入/1,728円・各税込)

クッキーとパイを合わせたサクサクの生地に、宇治抹茶と宇治ほうじ茶を使用した口どけなめらかなチョコレートをかさねたお菓子。抹茶やほうじ茶の柔らかな甘みと香りを生かしたボノワール京都の看板商品。サクサクの生地とくちどけなめらかなチョコレートの食感がクセになる♡

 

「京みつサブレ」(6個入/972円、12個入/1,944円・各税込

トロリとしたキャラメルソースをチョコレートでコーティングし、さっくりした食感のサブレで挟んだ特製サブレ。口に入れるとほろ苦い味わいのキャラメルソースがとろけ出します。サブレ生地は抹茶とキャラメルの2種のフレーバーを用意。

 

「紬ケーク」(5個入/1,080円、10個入/2,160円・各税込

さまざまな素材を混ぜ込み焼き上げたパウンドケーク。抹茶には柚子ピール、キャラメルには黒豆、ショコラにはくるみを合わせ、ふんわりと焼き上げ。

 

★【京都土産にぴったり】可愛らしい京都ならではのショコラコレクションも!

「はんなりショコラ」(各270円・税込)

ひとつの箱でふたつの味が楽しめるショコラアソート

京都産や国産の素材にこだわり、宇治抹茶、ほうじ茶、日本酒、梅酒、梅やすだちなど、さまざまな素材とショコラの組み合わせが楽しめます。手まりや花といった日本で古くから愛されるモチーフのデザインを取り入れたショコラなど、全6種類。

 

「千代あつめ」(各410円・税込)

京都らしいレリーフを入れ、フルーツやナッツをトッピングした手のひらサイズの板チョコレート

舞子さんや銀閣寺、三重塔をあしらったデザインは、京都土産やプチギフトにもおすすめ。和柄の華やかなパッケージで包まれているのもGOOD♪ フレーバーで選ぶかパッケージで選ぶかはあなた次第♡