1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 《フォトコンテスト開催中》京都のスペイン料理店でオリジナルレシピのパエリアを味わおう!

《フォトコンテスト開催中》京都のスペイン料理店でオリジナルレシピのパエリアを味わおう!

京都のスペイン料理店10店舗がオリジナルレシピのパエリア(パエージャ)を発売! フォトコンテスト同時開催で循環型外食を推進

京都のスペイン料理『エルボガバンテ346』のシェフ・荒川三四郎氏をはじめ、京都府のスペイン料理店を中心としたグループが『D.O.KIOTO(ディーオーキオト)』を2020年12月1日に発足。

 

第一弾イベントとして京都の地元密着レストラン10店舗が《京都食材×スペイン料理》をテーマに、オリジナルレシピのパエリア(パエージャ)を12/1~12/31の期間限定で販売。同時開催のフォトコンテストでは、期間中に参加店舗で「京都食材パエージャ」を召し上がった方を対象に、スペインワインのプレゼントも♪(条件クリアした方の中から抽選で10名様に)

 

 

フォトコンテスト概要

期間中、各店舗でオリジナルパエージャをご購入いただき、パエージャの写真をInstagramに投稿された方から10名様に、厳選したスペインワイン(市価3,000円相当)をプレゼント!

開催期間 2020年12月1日(火)~12月31日(木)※参加各店舗の営業日、時間に準ずる
対象者 期間中にフォトコンテストに参加されたお客様の中から抽選で10名様
賞品 厳選スペインワイン(市価3,000円相当)
参加方法

各店舗のオリジナルパエージャの写真をInstagramに投稿

#京都パエージャを付けて投稿

結果発表

2020年1月中にInstagramアカウント@d.o.kiotoにて発表

*当選された方にはダイレクトメールでお知らせ

 

参加店舗は京都の地元密着レストラン10店舗!

〈京都食材パエージャメニュー例〉

●店舗名/アブラモス(京都市南区東九条北烏丸町6-6アルプスナインビル101)

「京都食肉市場直送牛ホルモンと九条ネギのパエージャ」Mサイズ2,480円(税別)~Lサイズ3,480円(税別)

 

●店舗名/エルボガバンテ346(京都市中京区塩屋町53オリザ三条西洞院1F)

「丹後の牡蠣と(京丹波高原豚バラ)自家パンセタのミックスパエージャ」2,310円(1人前・税込)

 

●店舗名/デマチヤナギバルRICO RICO(京都市左京区田中関田町22‐75ルミエール出町柳1F)

「京丹波高原豚と丹波黒豆のパエージャ」

 

●店舗名/ガストロメソン チュレタ(京都市東山区中之町200鴨川ビル1階)

「京丹波高原豚とカルネピカーダと京赤地鶏のパエージャ」

 

●店舗名/ペリフェリコ(京都市左京区新先斗町120-1)

「丹波栗とウサギのパエージャ」

 

■『D.O.KIOTO』について

京都のスペイン料理店有志が集まり、《地元の店であること》《地元の食材を使用している》など厳格な基準を設けて地域性を表すD.O.KIOTO認証機関を設立(“DO”とはスペインの食料品に与えられる原産地呼称制度デノミナシオン・デ・オリヘンのこと)。

地域の特徴を表したり、地域の食材を活用することなどにより、京都のスペイン料理の活性化や独自性を高めることで、持続可能なサイクルを生み出し、京都のスペイン料理の地位向上、独自の価値観を高める事を目的としている。