1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 「大人ってなんだろうと思った時」に観て欲しい映画3選!【京都シネマ連載】

「大人ってなんだろうと思った時」に観て欲しい映画3選!【京都シネマ連載】

「○○な時に」観て欲しい映画3作品を京都シネマの中根さんが”独断”と”偏見”で紹介する不定期連載! おうち時間が長い今、こんな時だからこそ映画を観ちゃいましょ~♪

 

今回の○○な時は…

『大人ってなんだろうと思った時』

 

あけました、2021年! 今年もまだまだおうち時間が長びきそうだし、そろそろマスクでみんなの顔忘れちゃいそう。ななーな、状況を打破すべく毎日いろんな大人が奔走しているわけですが、そこから飛び出すアイデアは思わず唸るものから「これほんとに大人がかんがえたの?」なんて疑問が浮かぶものまで千差万別。そう、いつだって世界の正解がわかる大人なんてどこにもいやしないのです。

 

でも、今回ご紹介する3作品のような“愛すべき大人”はきっとどこかにいるはず。

 

 

 

 

 


*

1本目.『ヴィンセントが教えてくれたこと』

©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

大人の渋み★★★★★

<あらすじ>アルコールとギャンブルに溺れるちょい悪オヤジのヴィンセントは、ひょんなことからお隣に引っ越して来た、いじめられっ子オリバーの面倒を見ることになる。気難しい老人と気弱な少年の間にはいつしか奇妙な友情が芽生え、2人のささやかな冒険の日々が始まった…。

 

©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

ビル・マーレイが嫌われ者の不良中年というか不良老人を嬉々として演じていてそれだけでもう最高に楽しい。ほんとにリアルでもこんな人なんだろうなって思っちゃいます。ビル・マーレイもとい、ヴィンセントはものすごく口が悪くて、小学生のオリバーを行きつけのバーや競馬場に連れ歩き、注文の仕方、オッズの計算方法、いじめっ子の鼻のへし折り方など、一見ろくでもないことを教え込んでいきます。

 

©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

はじめのうちはそんなヴィンセントが嫌でたまらず反抗するオリバーなのだけれど、だんだん彼の本当の姿を知るようになっていく。ヴィンセントはいじめっ子達がいる学校の外に大きな世界が広がっていることをオリバーに教えるのです。

 

©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

居場所がなくいつも一人のオリバーと、同じように孤独なヴィンセント。似たもの同士の二人の小さな冒険が描かれる素敵なバディムービーをたっぷりご堪能ください!

 

©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

 

St. Vincent/2014/アメリカ映画/102分/監督:セオドア・メルフィ/ 出演:ビル・マーレイ、メリッサ・マッカーシー、ナオミ・ワッツ

 

 

 


 

*

2本目.『FRANK フランク』

©2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute

 

大人の渋み★★★★

<あらすじ>ひょんなことからあるバンドに加入することになった青年ジョン。そのバンドのリーダー「フランク」は、奇妙な被り物を四六時中かぶった謎の男だった。バンドメンバーから信頼され、いつも明るく、ときに破天荒な「フランク」のその不思議な魅力にジョンも次第に惹かれていくが…。

 

©2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute

 

『X-MEN』、『それでも夜は明ける』のマイケル・ファスベンダーが、世界で最もセクシーな男ベストテンにランクインしたその美しい顔を封印して、決して被り物を脱がない正体不明のミュージシャンを演じたコメディ。イギリスでカルト的人気のあった音楽コメディアン、フランク・サイドボトムをモデルにした、この奇妙な物語は、不思議な可笑しさとほろ苦い結末で、安っぽいカタルシスから遠く離れた深い余韻を残します。

 

©2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute

 

カリスマ性と才気にあふれた(ように見える)フランクは実は誰よりも深い悩みと問題を抱えていて、映画の中で登場人物たちと彼らのバンドは文字通り崩壊していくのです。ファスベンダー自身が実際にボーカル役として歌声を披露し、ノイズ系バンドとしてSXSWのステージに立つシーンは目が離せません。(サントラ買っちゃいました!)うーんと唸りながらもいろいろ考えさせられる大人の寓話です。

 

 

Frank/2014/イギリス・アイルランド合作映画/95分/監督:レニー・アブラハムソン/出演:マイケル・ファスベンダー、ドーナル・グリーソン、マギー・ギレンホール

 

 

 


 

*

3本目.『サム・サッカー』

©BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

 

大人の渋み★★★

<あらすじ>オレゴン州の郊外住宅地で何不自由なく暮らす17歳の少年・ジャスティン。だが彼は親指を吸う癖(サムサッキング)をやめられずに悩んでいた。まわりの人間は彼の奇妙な癖をやめさせようと干渉する。ジャスティンは悩みを解消するために催眠術、薬物などありとあらゆる方法を試すが…。

 

赤ちゃんが母親のお乳を求めて自分の親指を吸うのは当たり前、でもこの映画の主人公ジャスティンは17歳になってもそのクセが治らない。大きくなってからも親指をしゃぶるのを“サムサッカー”というのも初めて知ったけど、大人になれない気持ちを表す象徴なのかも。

 

他人から見れば何不自由なく恵まれた普通の人生、でも本当の自分は欠点だらけ…。わかる、わかるよジャスティン。“みんなに認められる自分”を追い求めることでかえって正しい道を見失ってしまうことってあるよね。大人になったから今はなんとなくわかる。世の中には決まった答えのないことの方が多いんだってことが。

 

この映画が長編デビューのマイク・ミルズは少年が抱える思春期の葛藤を繊細な心理描写と美しい映像で描き、この後、『人生はビギナーズ』、『20センチュリー・ウーマン』など多くの名作を生み出しました。

 

 

PG12/Their Finest/2016/イギリス映画/117分/監督:ロネ・シェルフィグ/出演:ジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイ

 

 


 

*

【近日公開】これから京都シネマで見て欲しい期待の新作はこちら!

『どん底作家の人生に幸あれ!』(1/22.fri)

©2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

 

<あらすじ>デイヴィッドは少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた。優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたが、暴力的な継父の登場によって人生が一変。都会の工場へ売り飛ばされ、強制労働のハメに!しかも里親は、借金まみれの老紳士だった…。

 

©2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

 

ディケンズの半自伝的小説『デイヴィッド・コパフィールド』を映画化。不屈の精神を讃える名作をコミカルに蘇らせた、山ありオチありの魔法のような人生大逆転劇はまさに“事実は小説よりも奇なり”。まあ原作は小説なんでアレですけど。

 

©2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

 

前作でスターリンの葬式を巡る政治家たちのドタバタ権力闘争を、シニカルな笑いたっぷりに描いたイアヌッチ監督は、本作でも抜群のコメディ・センスを発揮。めまぐるしく変転する主人公の波乱万丈の半生を、現実の悲壮感をブラックな笑いで包みながら、ウィットに富んだ数々の台詞と、時にファンタジックな映像も交えて、鮮やかな手腕で紡いでいく。

 

©2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

 

『サムサッカー』から15年、美しいティルダ・スウィントンもノリノリではちゃめちゃな役どころを怪演!大人の形って様々だなあと改めて思い知らされた豪華で賑やかな新年にふさわしい作品です。

 

©2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

 

 

The Personal History of David Copperfield/2019/イギリス・アメリカ合作映画/120分/監督:アーマンド・イアヌッチ/出演:デブ・パテル、ティルダ・スウィントン、ベン・ウィショー

 

1月22日(金)より、京都シネマで公開!

 

 

 


 

(文)京都シネマ 中根沙絵さん

tel.075-353-4723

〒600-8411 下京区烏丸通四条下ル西側 COCON烏丸3F 

公式HPはこちら