1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 《プレゼント企画あり!!》映画『さんかく窓の外側は夜』【1月22日(金)公開】

《プレゼント企画あり!!》映画『さんかく窓の外側は夜』【1月22日(金)公開】

 

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

《プレゼント企画あり!!》映画『さんかく窓の外側は夜』【1月22日(金)公開】

 

霊が「祓える男」と「視える男」。運命の出会いは謎の呪いを止められるのか ──?

 

累計130万部突破の同名ベストセラー漫画を、岡田将生・志尊淳の初共演・W主演で映画化した『さんかく窓の外側は夜』が1月22日(金)より全国ロードショー。

 

~ Story ~

書店で働く三角康介(みかど こうすけ・演:志尊淳)は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人(ひやかわ りひと・演:岡田将生)が現れる。「僕といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と共に除霊作業の仕事をすることに。

そんな中、二人は刑事・半澤(演:滝藤賢一)から、一年前に起きた未解決殺人事件の捜査協力を持ちかけられる。調査を進める冷川と三角は、やがて自殺した犯人の霊と出会う。冷川が三角に触れると、犯行時の状況がフラッシュバックのように浮かび上がり、恨みがましい犯人の声が響く──。

「ヒ ウ ラ エ リ カ に . . . . だ ま さ れ た . . . .」

犯人の霊を通して視た情報を元に、真相へと近づいていくふたりの前に現れたのは、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(ひうら えりか・演:平手友梨奈)。 〈ヒウラエリカ〉とは何者なのか? 連続殺人事件との関係は ──?

死者からのメッセージの謎を解き明かそうとする二人は、やがて自身の運命をも左右する、驚愕の真実にたどり着く…。

 

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

 

★バディ・ムービーの新ジャンル、霊が「祓える男」と「視える男」の心霊探偵バディが大活躍!

物語は霊を祓うことができる男=冷川理人と、霊を視ることができる男=三角康介のバディによる除霊ミステリー。霊が「祓える男」冷川を演じるのは、映画だけに留まらず、ドラマや舞台など数々の話題作に出演する人気俳優の岡田将生。冷川は霊を怖れる三角に対して「君は僕の運命だ。僕といれば怖くなくなりますよ」と語り、“霊祓い ”の仕事に勧誘する。

 

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

 

一方、突然目の前に現れた冷川とバディを組まされることになる「霊が視える男」三角を演じるのは、若手実力派俳優として活躍が目覚ましい志尊淳。2人が演じる心霊探偵バディによる除霊シーンは必見!

 

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

 

★物語の鍵を握る女子高生・非浦英莉可 役にカリスマ・平手友梨奈を起用!!

一見普通の女子高生だが、実は強力な“呪いの力”の持ち主・非浦英莉可を演じるのは、映画初出演にして主演を果たした『響 HIBIKI』が大きな話題を呼んだ平手友梨奈。彼女にとっては「欅坂46」脱退後、個人としての活動第一弾となる。

 

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

 

呪いを操るミステリアスな雰囲気を纏うエリカ。彼女は冷川・三角の敵か味方か。心霊探偵バディが呪い屋の女子高生エリカに出会う時、3人の運命が動き出す ──。

 

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

 

今まで見たことのない新感覚ミステリー・エンターテインメントをぜひ劇場でお楽しみください!

 

 

ゴ・バーンweb & twitterで「オリジナルランチバッグ」プレゼント企画を実施!

映画の公開を記念して、ゴ・バーンwebプレゼントページ内&ゴ・バーン公式Twitterで、映画「オリジナルランチバッグ」2名様に当たるプレゼント企画を実施!【応募期間】1月18日(月)12:00 ~ 1月25日(月)15:00

 

 

応募方法

 ゴ・バーンの公式Twitter(@gobaaan583)をフォロー+該当ツイートをRTして応募


※バッグの色は選べません。あらかじめご了承ください。

 

皆さまのご応募をお待ちしております!

 

 

 

映画『さんかく窓の外側は夜』

1月22日(金)よりMOVIX京都、TOHOシネマズ二条、T・ジョイ京都ほか全国ロードショー。

 

出演/岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、滝藤賢一、筒井道隆ほか、脚本/相沢友子、監督/森ガキ侑大、原作/ヤマシタトモコ「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)、主題歌/ずっと真夜中でいいのに。「暗く黒く」(EMI Records/UNIVERSAL MUSIC)、配給/松竹