1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 《New Open News》「総本家にしんそば 松葉 京都駅店」【3/22(月)リニューアルOPEN】

《New Open News》「総本家にしんそば 松葉 京都駅店」【3/22(月)リニューアルOPEN】

 

 

《New Open News》「総本家にしんそば 松葉 京都駅店」【3/22(月)リニューアルOPEN】

 

“にしんそばと言えば松葉”と称され、祇園に本店を構える『総本家にしんそば 松葉』(右京区)の支店「京都駅店」が、東海道新幹線京都駅改札内「アスティ京都」に2021年3月22日(月)リニューアルオープン!

 

今回のリニューアルでは、京都らしい落ち着いた雰囲気を残しつつ、利便性の向上が図られています。乗車前に、京都の伝統の味を楽しめる手軽さもうれしいポイント♪

 

 

■店舗概要

 

店名 総本家にしんそば 松葉 京都駅店
アクセス

京都駅2階 新幹線コンコース内(博多方面ホーム下、東京寄り)「アスティ京都」内

電話番号 075-693-5595
営業時間 8:30~21:00(L.O.20:30)
テイクアウト有
オープン日 2021年3月22日(月)
WEB 『総本家にしんそば 松葉』京都駅店 公式サイトはコチラ

 

 

【PICK UP MENU】

 

● 柔らかいにしんとそばの風味・元祖の味「にしんそば」/1,485円(税込)

 

 

「身欠きにしん」の棒炊きは、骨まで柔らかく煮てあるので、食べやすく、お箸で簡単にほぐれます。にしんの身をほぐすと、出汁ににしんの脂と旨味が溶け出し、食べ進めていくうちにコク深い味わいへと変化。多様な味で楽しませてくれる一品です♡

 

 

創業から160年!時を超えて味わう京都を代表する「にしんそば」の魅力とは

 

京都を代表する名物料理である「にしんそば」。このにしんそばを考案したのが創業1861年(文久元年)、京都・祇園の南座横に本店を構える「総本家にしんそば 松葉」の二代目・松野与三吉 氏です。

 

明治15年当時、京都の人々にとって頭と内臓を取り除いて干物にした「身欠きにしん(みがきにしん)」は大切なタンパク源であり、保存食でした。このにしんを骨まで柔らかく炊き上げ、喉越しのよいそばと上品で香り高い出汁が絶妙に調和した「にしんそば」はたちまち人気を集め、京都を代表する料理となって今も変わらず愛され続けています。

 

 

★リニューアル記念サービス!祇園本店限定メニュー2種を期間限定で特別提供!

 

今回のリニューアルオープンに際して、通常は祇園本店でしか食べることができない「俵そば」「かに天そば」の2種を3月22日(月)から約1ヶ月の間、期間限定でお楽しみいただけるサービスを実施!

 

● 大きな「おあげ」の縁起そば「俵そば」/1,540円(税込)

 

 

 

銘店である加茂豆腐近喜の稲荷揚に鴨肉、ごぼう、うずら卵、近江の赤こんにゃく、絹さやを詰めて7つの具材を七福神に見立て縁起物の俵に包んだ温かいあんかけそばです。あんかけの出汁で冷えた体もほかほかに。寒暖差の激しいこの季節にぴったりのおそばです。

 

 

● 贅沢な冬の味覚「かに天そば」/2,750円(税込)

 

 

冬の味覚の王者、ズワイガニの天ぷらを贅沢に4本入れた冬のご馳走そば。本店でも冬の間だけの期間限定メニューとなっており、年に一度限られた期間でしかいただくことができません。