1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』【4月23日~29日】@京都シネマ

映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』【4月23日~29日】@京都シネマ

 

©︎2018「SUKITA」パートナーズ

 

映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』【4月23日~29日】@京都シネマ

 

天才たちの “永遠の時” を獲得した写真家に迫るドキュメンタリー。

 

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストを数多く手掛けてきた写真家・鋤田正義の過去、現在そして未来を映し出したドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』が、4月23日(金)~ 29日(木・祝)の期間、京都シネマで上映されます。

 

 

~ Story ~

 

布袋寅泰のライブを撮影する鋤田正義。後日、ふたりでマーク・ボランが事故死したロンドン郊外を訪れると、鋤田撮影のボランの写真が飾られている。布袋の人生を決定づけた1枚だ。「この写真のせいで僕はギターを始めたんです」。

 

鋤田はボランの親友でもあったデヴィッド・ボウイを40年以上追い続けた。渋谷公会堂で「今の人が見ると信じられないぐらいの距離感」で歌う1973年の写真には、「完全にあの時代が写っている」と回想する。

 

鋤田の原点と言える九州の炭鉱町での幼少時代から、広告写真で頭角を現した1960年代、海外に飛び出し、ボウイとの運命的な出会いを果たした1970代・・・。

 

間もなく傘寿を迎える現在も、MIYAVIやDRUM TAOら若いアーティストとのフォトセッションに挑み、さらにはYMOの細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏のそれぞれと語り合い、1979年に発売された『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』のジャケット撮影の秘話を披露する。

 

その他、ジム・ジャームッシュ、永瀬正敏、糸井重里、リリー・フランキー等、数々のアーティストたちの証言を交えながら、映画は鋤田の過去、現在そして未来を映し出す。

 

映画公式ホームページより抜粋 http://sukita-movie.com/

 

2018/日/115分/監督:相原裕美

 

 

 

 

《関連記事》  

4/3(土)~ 5/5(水・祝)「時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」@美術館「えき」KYOTO