1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 京都の「道」を擬人化! オリジナルキャラクターコンテンツ「お通り男史 」が小説化!

京都の「道」を擬人化! オリジナルキャラクターコンテンツ「お通り男史 」が小説化!

 

 

京都の「道」を擬人化! オリジナルキャラクターコンテンツ「お通り男史 」が小説化!

 

京都を舞台に道の神様「通神(とおりがみ)」たちが繰り広げる物語を描いた小説「 ~はんなり京都~ お通り男史 浄化古伝」が、2021年6月10日(木)より全国の書店で発売されます。

 

京都を舞台としたオリジナルキャラクターコンテンツである「お通り男史」は、「道=通り(とおり)」を基点に場所を説明する京都の文化に着目し、通りの安寧を祈る通りの神様を「通神(とおりがみ)」としてキャラクター化し、彼らの活躍を描いた物語です。

 

今後京都の伝統工芸とのコラボレーションや、地域の施設・企業とのタイアップ等の展開も予定されています。

 

書名~はんなり京都~ お通り男史 浄化古伝
発売日2021年6月10日(木)
発行所株式会社双葉社
体裁文庫判

 

 

★小説あらすじ★

 

人が歩いて道はでき、人の知らぬ間に道には神が宿る──。

 

多くの人々を魅了する古都、京都。

 

碁盤の目状に広がる歴史ある通りには、「通神(とおりがみ)」という神様が存在していた。彼らの世界「亰(みやこ)」は、現実の京都と表裏一体の関係だ。しかし昨今、人間の悪意や失意が「澱(よど)」となって通りに溜まり、彼らの記憶や京都にも悪影響が及びつつあった。通神の祈りだけでは、澱を祓うことができないと悟った彼らは、彼らを〝視る〟ことができる人間「神和(かんなぎ)」を見つけ出し、京都の未来のために古い儀式をよみがえらせることに──。

 

今、京都の通りを舞台にした「通神」と「神和」の物語が始まる!

 

 

 

★公式プロモーション動画★

 

 

 

「お通り男史」公式ホームページはコチラ

 

「お通り男史」公式twitter

 

「お通り男史」公式YouTubeチャンネル