1. HOME
  2. 記事一覧
  3. JICA関西食堂が映画『ブータン 山の教室』とコラボ! ブータン料理を期間限定で提供

JICA関西食堂が映画『ブータン 山の教室』とコラボ! ブータン料理を期間限定で提供

 

 

『JICA関西食堂』が映画『ブータン 山の教室』とコラボ! 期間限定でブータン料理を提供&写真展を開催

 

京都、大阪では4月30日(金)、兵庫では5月7日(金)より公開の映画『ブータン 山の学校』と、独立行政法人国際協力機構(JICA)がコラボレーション。JICA関西が運営する『JICA関西食堂』(神戸市)にて伝統的ブータン料理が4月26日(金)より期間限定で提供されます。

 

関西ではなかなか味わえないブータン料理をぜひこの機会に召し上がってみてはいかが♪

 

場所

● JICA関西食堂

兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 JICA関西 1F

営業時間 ランチ11:30~14:00(L.O.13:30)、ディナー17:30~21:00(L.O.20:30)
アクセス

阪神「岩屋」駅より徒歩約10分

JR「灘」駅より徒歩約12分

阪急「王子公園」駅より徒歩約20分

Web

JICA関西食堂 HPはコチラ

映画『ブータン 山の教室』公式サイトはコチラ

 

【 メニュー紹介 】

 

・紫黒米入りごはん、パクシャパ(豚肉と大根のピリ辛炒め煮)、プタ(焼きそば)、ヘンツェジャジュ(唐辛子と青菜のチーズ風味スープ)/740円(税込)

 

 

「世界一辛い!」と言われるブータン料理。町ではトウガラシがキロ単位で売られていて、香辛料というよりは、野菜としてたくさん食されており、今回のメニューにも使われています。メインディッシュの「パクシャパ」は、日本の肉じゃがのような見た目ですが、トウガラシがピリリと効いた刺激的な味わい。

 

 

ブータンでは日本と同じくソバが栽培されており、蕎麦粉を使って麺にした料理は「プタ」と呼ばれ、こちらにうもトウガラシが使われています。今回は日本の味覚に合うように辛さをマイルドに調整しているのでご安心を♪ 

 

 

★「ブータンパネル写真展」も同時開催♪

 

 

コラボ企画の期間中、店内では映画『ブータン 山の教室』の撮影オフショット写真や、ブータンに派遣されたJICA海外協力隊の活動の様子を収めた写真を展示する「ブータンパネル写真展」も同時開催されます。

 

看護師の資格を持つJICA海外協力隊員が山の小学校で授業をしていた様子や、映画キャストたちの素敵な笑顔、ブータンの雄大な景色をぜひご覧ください。

 

 

★JICA関西食堂

 

 

JICAが招聘する途上国からの研修員のための食堂。研修員以外の一般客の利用も可能で、「食べて体験!」をコンセプトに、開発途上国のエスニック料理を提供。食堂の入口には対象国の文化を発信する紹介コーナーが設置されている。

 

 

 

《こちらの記事もチェック!》  

 

4月30日(金)映画『ブータン 山の教室』