1. HOME
  2. 記事一覧
  3. 京都のサスティナブルブランド「offsait」が、サボテンから作られたレザーを使ったオリジナルトートを発売!

京都のサスティナブルブランド「offsait」が、サボテンから作られたレザーを使ったオリジナルトートを発売!

 

 

京都のサスティナブルブランド「offsait」が、サボテンから作られたレザーを使ったオリジナルトートリリース♪

 

京都でゲストハウスを運営している『株式会社hachi』(下京区)が立ち上げた、サスティナブルな素材を使ったジェンダーフリーのアパレルアイテムを扱うブランド「offsait」が、メキシコ発のサスティナブルな素材・サボテンレザーを使ったオリジナルトートバッグを開発。

 

サボテンレザーとは、柔らかさ、手触り、色味といったファッション性だけでなく、通気性や摩擦などに対する耐久性にも優れた素材で、水分や紫外線にも強く、本革と比較すると手入れが簡単という特長を持っており、新しいサステナブルな素材として世界で注目されています。

 

 

そんなサボテンレザーを持ち手やボディに用いた本商品は「offsait」の記念すべきオリジナル商品第1弾。老若男女問わず使用できるミニマルなデザインが魅力的です♪ 

 

CF(クラウドファンディング)サイト「THE KYOTO #Crowdfunding」で先行購入することができるので、「欲しいっ!!」と思った方はぜひサイトをチェックしてみてください! ※2021年5月14日(金)まで

 

 

「THE KYOTO #Crowdfunding」はコチラ

 

 

 

 

【 商品詳細 】

 

 

ボティや持ち手にサボテンレザーを使用した、シンプルなデザインのトートバッグ。数多くあるサボテンレザーの中でも、耐久性に優れたものを選んでおり、また肩に掛けた時に窮屈にならないよう長めのストラップとなっています。

 

MacbookやA4サイズのノートが余裕で入るサイズ(ボディ:W34cm / H45cm、持ち手の長さ:約70cm)で、通勤からお出かけ、買い物など、日常のさまざまなシーンで使いやすいのもGOOD!

 

 

 

★株式会社hachi

 

(右)村上さん、(左)とオヌルさん

 

2017年に京都でゲストハウス『hachi』をオープン。2021年2月よりブランド「offsait」を立ち上げ、メキシコから取り寄せた高品質のサボテンレザー「Desserto*」を用いた商品の開発や、さまざまな企業やブランドへの卸販売を行っている。共同代表の村上拓司さんとオヌル・チャムルジュさんは、公私でお互いを支えるパートナー同士。

 

*2019年春にメキシコ人のAdrián López VelardeさんとMarte Cázarezさんによって開発されたサボテンレザー。原料であるサボテンは除草剤や農薬を使わずに育てられている。

 

 

ゲストハウス『hachi』は、「自分達のようなゲイカップル、ストレートなど関係なく多様性を楽しめる場所を作りたい」という思いのもと、LGBTQ+のゲストを含め、誰もが気兼ねなく泊まれる宿として運営されている。

 

ゲストハウス hachi 公式ホームページはコチラ