1. HOME
  2. イベント
  3. 10月6日(火)~11月29日(日)特別展「舞妓モダン」@京都文化博物館

10月6日(火)~11月29日(日)特別展「舞妓モダン」@京都文化博物館

10月6日(火)~11月29日(日)特別展「舞妓モダン」@京都文化博物館

本展では京都の伝統文化の象徴的存在である“ 舞妓 ”について、都をどりの始まりから、近代京都において古都を象徴するイメージとして成長していく過程を、絵画作品の展示を中心に紹介。可憐で艶やかな舞妓図の競演をお楽しみください。

 

黒田清輝《舞妓》(重要文化財)明治26年 東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives [11月17日~11月29日展示]

京都の伝統文化の一つとして知られる“ 舞妓 ”は、明治5年、都をどりなどが始まると、芸舞妓が伝統都市・観光都市としての京都を象徴する存在として知られていき、明治26年に黒田清輝が《舞妓》(東京国立博物館・重要文化財)を、明治42年に竹内栖鳳が《アレ夕立に》(髙島屋史料館)を発表したことを皮切りに、大正期にかけて、絵画のモチーフとして盛んに描かれるようになります。時に美しく、時に妖しく、画家によってさまざまに描かれる舞妓は、昭和期に入っても多くの芸術家を惹きつけました。

 

●展示構成と主な作品

【第一章】都をどりの始まり〜江戸後期から明治初期〜
【第二章】花ひらく舞妓図の世界〜明治中期から昭和戦前期〜
【第三章】広がる舞妓イメージ〜絵画と文学、複製芸術〜
【第四章】古都の象徴として〜昭和戦後から現代〜

 

竹内栖鳳《アレ夕立に》明治42年、髙島屋史料館蔵 [11月3日~11月29日展示]

 

下村良之介《たこやき》昭和55年、星野画廊蔵

 

会期 2020年10月6日(火)〜11月29日(日) ※会期中、展示替があります。
時間 10:00~18:00 ※金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
休日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
会場 京都文化博物館 4階・3階展示室
料金 一般/1,500円(1,300円)、大高生/1,100円(900円)、中小生/500円(300円)※( )内は20名以上の団体料金。

※上記料金で2階総合展示室と3階フィルムシアターもご覧いただけます(フィルムシアターは催事により有料の場合があります)。

入場券は京都文化博物館、ローソンチケット(Lコード 51414)、京阪神の主要プレイガイド

関連イベント
●「舞妓モダン」関連映画上映

会期中、「祇園の姉妹」(溝口健二監督、昭和11年)などの舞妓に関連する映画を3Fフィルムシアターで上映します。

●京都・五花街の舞妓による踊り鑑賞会

【開催日】
10月31日(土)祇園甲部
11月1日(日)宮川町
11月3日(火・祝)祇園東
11月7日(土)上七軒
11月8日(日)先斗町

【時間】
各日 1部 14:00〜(13:45開場)2部 15:00〜(14:45開場)

【定員】
各回100名

【会場】
京都文化博物館 6階和室 ※座席指定(座席は選べません)※椅子席(靴を脱いで椅子に着席いただきます)

【料金】
■踊り鑑賞券/1,000円
■舞妓モダン展入場券付き踊り鑑賞券/2,300円

※どちらもろうじ店舗のお食事・お買物券1,000円分付き・
※お食事・お買物券は当日に限り有効です。

お食事・お買物券がご利用いただける店舗
「ミュージアムショップ 京都 便利堂」
「京都 なだ万賓館」
「手打ちそば・蕎麦料理 有喜屋」
「あめとかふぇ とにまる」
「京・嵐山上流の蔵 京丹山」
「和紙と和紙小物の店 楽紙舘」
「京の銘品14店舗 名店会」
「前田珈琲 文博店」
「和雑貨 くろちく 文博店」

チケット販売場所:ローソンチケット(Lコード 51414)

《踊り鑑賞会に関するお問い合わせ》
Tel.075-222-0895(京都文化博物館 企画事業担当)

その他 ●前田珈琲 文博店 ×「舞妓モダン」特別メニュー《舞妓さんのお茶セット》/900円(税別)
京都の花街で活躍されている舞妓さん。その舞妓さんもひと口で召しあがっていただける可愛い和菓子と温かい煎茶をセットにしました。展覧会後のティータイムにいかがですか。
主催 京都府、京都文化博物館、朝日新聞社、京都新聞、MBS
web 京都文化博物館 公式サイトはこちら

※新型コロナウィルス 感染症の状況により、予定を変更する場合がございます。 予めご了承ください。

COMING

今後のイベント | ミュージアム