1. HOME
  2. イベント
  3. 3/7(土)~4/5(日) 「anan 創刊50周年記念展 生きて、愛して、歌って。創刊から‘70年代の『anan』をプレイバック」

3/7(土)~4/5(日) 「anan 創刊50周年記念展 生きて、愛して、歌って。創刊から‘70年代の『anan』をプレイバック」

『anan』創刊号表紙(1970年3月3日発売号)©マガジンハウス 

ジェイアール京都伊勢丹
美術館「えき」KYOTO

anan 創刊50周年記念展

生きて、愛して、歌って。創刊から‘70年代の『anan』をプレイバック

1970年3月に“まったく新しい形”のファッション誌として誕生し、日本のファッション、クリエイティブに多大な影響を与えた『anan』の50周年記念展が3月7日(土)よりジェイアール京都伊勢丹7Fに隣接する美術館「えき」KYOTOで行われます。

記念展では50年の中で、特に創刊から草創期に『anan』で活躍したさまざまな分野のクリエイターたちに焦点を当て、時代の変遷に寄り添いながら、現在も新しい読者を魅了し続ける『anan』の魅力を紹介。

 

〈展示内容〉

夜明け前:プロローグ

1970年当時の日本における服飾誌、ファッション誌の状況を紹介しながら、『anan』創刊までの歩みを紹介。

『anan』誕生!

堀内誠一ら、『anan』初期に活躍したクリエイターたちに焦点を当てながら、日本のファッション誌に大変革をもたらした『anan』創刊号の魅力を紹介。

『anan』草創期

飯野和好、スズキ・コージらの貴重なイラスト原画や、日本初の“スタイリスト”原由美子さんが精選した『anan』草創期のファッション・ページ数十点をプロジェクションで投影。

『anan』よ永遠に!

常に時代を映し、女性たちに新しい生き方を提示してきた『anan』の現在とこれからを紹介。

 

《美術館エントランスに歴代表紙が登場!》

記念展の期間中『anan』創刊号から最新の「50周年記念号」までの歴代表紙が展示されます。
※展示されない表紙もあります。

 

〈展覧会概要〉

anan創刊50周年記念展

生きて、愛して、歌って。創刊から‘70年代の『anan』をプレイバック

◆会場

美術館「えき」KYOTO
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7F隣接

◆会期

3月7日(土)~4月5日(日)

◆時間

10:00~20:00(最終入館19:30)
3月7日(土)~3月15日(日)は10:00~19:00
※百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合があります。

◆入館料

中学生以上500円(税込)
チケットぴあ(Pコード685-257)ローソンチケット(Lコード53620)にて販売
※「障害者手帳」を提示で本人と同伴1名まで各300円(税込)

◆主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞

◆特別協力

株式会社マガジンハウス

*展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合があります。

美術館「えき」KYOTOの公式サイトはこちら

COMING

今後のイベント | 「えき」KYOTO

今後のイベントはございません。