1. HOME
  2. イベント
  3. 9月12日(土)~10月25日(日)「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」@美術館「えき」KYOTO

9月12日(土)~10月25日(日)「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」@美術館「えき」KYOTO

 

《ベル=ガズー(コレット・ド・ジュヴネル)》1933年 カンティーニ美術館、マルセイユ ©Musée Cantini, Marseille

 

ジェイアール京都伊勢丹
美術館「えき」KYOTO

キスリング展

エコール・ド・パリの巨匠

 

「モンパルナスのプリンス」キスリングの初期~晩年までの作品が集結

エコール・ド・パリを代表する画家、キスリング(1891-1953)の初期から晩年までの肖像、花、静物などのさまざまな主題の作品を、海外の美術館をはじめ国内の美術館や個人コレクションから紹介し、その画業を辿ります。

《マルセイユ》1940年 プティ・パレ美術館/近代美術財団、ジュネーヴ ©Petit Palais / Art Modern Foundation, Genéve

豊かな色彩を駆使したメランコリックな作品が世界を魅了

ポーランドの古都クラクフから、印象派やセザンヌに憧れ芸術の都パリへ出た19歳のキスリングは、キュビスムやフォーヴィスムなどの新しい絵画運動に触れ、モンマルトルやモンパルナスの地でピカソ、モディリアーニ、藤田嗣治ら多くの芸術家たちと出会い交友を深めます。活動初期の作品には彼らの影響を受けたキュビスム的な作風が見られますが、現実から離れた前衛表現にはなじまず、とりわけ人物表現ではレアリスムに裏打ちされた個性的な作風を築き、風景や静物画においても独自のスタイルを切り拓いていきます。キスリングの滑らかな画肌、豊かな色彩を駆使したメランコリックな絵画は広く人気を博し、1920~30年代のパリで「モンパルナスのプリンス」と呼ばれ、時代の寵児となりました。

《肖像画》1946年 個人蔵、協力:エドゥアール・マラング画廊 Courtesy Edouard Malingue Gallery

本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

会期 2020年9月12日(土)~10月25日(日)
時間 10:30~19:30(最終日は17:00閉館・入館の締切は各日閉館の30分前)※百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合があります。
休日 なし
料金 ⼀般/1,000円(800円)、⾼・大学⽣/800円(600円)、⼩・中学⽣/600円(400円)※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴1名さまは、当日料金より各200円割引。

前売券は2020年8月15日(土)~9月11日(金)まで販売。販売場所=チケットぴあ(Pコード685-339)、ローソンチケット(Lコード51950)

主催 主催=美術館「えき」KYOTO、京都新聞 後援=在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 協力=エールフランス航空 企画協力=株式会社ブレーントラスト
web 美術館「えき」KYOTO 公式サイトはこちら

*新型コロナウイルス感染拡大防止策、および入館のお客さまへのお願いを、公式ホームページに掲載しております。

*新型コロナウイルス感染拡大予防のため、掲載内容に変更が生じる場合がございます。最新情報は美術館HPをご確認ください。

 

COMING

今後のイベント | ミュージアム