1. HOME
  2. イベント
  3. 10/31~11/23「生誕110年記念 異才 辻晉堂の陶彫」@美術館「えき」KYOTO

10/31~11/23「生誕110年記念 異才 辻晉堂の陶彫」@美術館「えき」KYOTO

 

《沈黙》1957年 鳥取県立博物館蔵

 

ジェイアール京都伊勢丹
美術館「えき」KYOTO
生誕110年記念

異才 辻晉堂の陶彫

 

辻が陶彫を制作した京都時代に焦点を当て、ヴェネツィア・ビエンナーレ出品作をはじめ版画作品を含めた約45点をご紹介

陶彫による抽象作品で国際的に活躍した彫刻家 辻晉堂(1910-1981)の生誕110年を記念する展覧会を開催します。 鳥取県日野郡溝口町二部村(現・西伯郡伯耆町二部)に生まれた辻晉堂(つじしんどう)は、1933年に力強い木彫を日本美術院で発表し、一躍脚光を浴びます。

 

《寒山》1958年 鳥取県立博物館蔵

やきものの常識を覆す大型の陶彫作品たち

戦後に京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)の教授に就任してからは、セメントや鉄など多様な素材を駆使した彫刻教育の先鞭をつける一方、自らはやきものの常識を覆す大型の陶彫作品をヴェネツィア・ビエンナーレ(第29回・1958年)などに出品し海外でも高い評価を得ました。

 

《緑陰讀書》1979年 信州高遠美術館蔵 写真:渞忠之

同時代の陶芸家たちにも大きな影響を与えた焼き物による彫刻作品

辻が京都へ赴任した1950年頃の東山周辺には多くの登り窯が点在し、京焼の生産がさかんに行われていました。こうした環境の中で辻は焼き物による彫刻作品への意欲を高め、同時代の陶芸家たちにも大きな影響を与えていきます。

 

本展では、辻が陶彫を制作した京都時代に焦点を当て、ヴェネツィア・ビエンナーレ出品作をはじめ版画作品を含めた約45点をご紹介。1メートルを超える大型作品からユーモアあふれる「粘土細工」まで、見る人の想像力をかきたてる様々な作風の陶彫作品をご覧ください。

 

《カラカサのオバケ》1974年 米子市美術館蔵

 

本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

会期 2020年10月31日(土)~11月23日(月・祝)
時間 10:00~19:30(最終日は17:00閉館・入館の締切は各日閉館の30分前)※百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合があります。
休日 なし
料金 ⼀般/900円(700円)、⾼・大学⽣/700円(500円)、⼩・中学⽣/500円(300円)※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴1名さまは、当日料金より各200円割引。

前売券は2020年9月26日(土)~10月30日(金)まで販売。販売場所=チケットぴあ(Pコード685-357)、ローソンチケットLコード52377

主催 主催=美術館「えき」KYOTO、京都新聞 企画=イムラアートギャラリー
web 美術館「えき」KYOTO 公式サイトはこちら

*新型コロナウイルス感染拡大防止策、および入館のお客さまへのお願いを、公式ホームページに掲載しております。

*新型コロナウイルス感染拡大予防のため、掲載内容に変更が生じる場合がございます。最新情報は美術館HPをご確認ください。

 

COMING

今後のイベント | ミュージアム