1. HOME
  2. イベント
  3. 11/28~3/28 企画展「憧れのヨーロッパ旅行」@京都府立堂本印象美術館

11/28~3/28 企画展「憧れのヨーロッパ旅行」@京都府立堂本印象美術館

 

日本画壇の重鎮・堂本印象がヨーロッパ滞在中に描いた現地のスケッチ画、油彩画など、“ヨーロッパ”旅行に関連して制作された作品を展示

京都府立堂本印象美術館は、2020年11月28日(土)~ 2021年3月28日(日)の期間中、企画展「憧れのヨーロッパ旅行」を開催。

 

還暦を過ぎ、初めてヨーロッパへ旅立った日本画壇の重鎮・堂本印象が、約半年間の滞在中に描いた現地のスケッチ画、油彩画や、帰国後に発表した《メトロ》、《窓》など、ヨーロッパ旅行に関連して制作された作品が展示されます。

 

会期 2020年11月28日(土)~ 2021年3月28日(日)
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(但し、1月11日は開館、1月12日は休館)、年末年始(12月28日~1月4日)
観覧料 一般/510円(400円)、高大生/400円(320円)、小中生/200円(160円)※( )は20名以上の団体料金

※本料金で同時開催の「京都現代作家展」もご覧いただけます。

※65歳以上の方(要公的証明)および 障害者手帳をご提示の方(介護者1名含む)は無料。

会場 京都府立堂本印象美術館

京都府京都市北区平野上柳町26-3

主催 主催=京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞 助成=一般財団法人地域創造
備考 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定を変更する場合がございます。ご来館前に当館ホームページなどで最新情報をご確認ください。
Web 展覧会 公式ページはコチラ

 

★展覧会の見どころ

①印象、ヨーロッパへ行く

若い頃、家計を支えるために染織デザインの仕事をしながら絵を学んでいたため、ヨーロッパを旅する機会を得ることができたのは60歳を過ぎてからだった印象。現地で描いたスケッチや油彩画からは、念願のヨーロッパで高鳴る心のうちが伝わってきます。世界的な新型コロナウイルスの流行で海外への渡航が難しくなった今、展覧会を通じて旅行気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

②新しい日本画を目指して

ヨーロッパ旅行で刺激を受けた印象は、帰国後《メトロ》や《窓》を発表します。形態のデフォルメや簡略化といった造形的な表現に取り組んだこれらの作品には、新しい日本画を模索する印象の意欲がよく表れています。また、旅行中に鑑賞したピカソやルオーの陶芸作品に影響を受け、工芸という新たなジャンルにも本格的に挑戦しました。

堂本印象 《メトロ》 1953年 京都府立堂本印象美術館蔵 

 

堂本印象 《ローマの宿の朝》 1952年 京都府立堂本印象美術館蔵 

 

堂本印象 《ピガール〔モンマルトル〕『美の跫音』〔挿絵〕》 1952年 京都府立堂本印象美術館蔵 

 

堂本印象 《ベニスのグランカナル》 1952年

COMING

今後のイベント | ミュージアム