1. HOME
  2. イベント
  3. 4/6(火)~ 5/23(日)特別展「よみがえる承久の乱 ─ 後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏 ─」@京都文化博物館

4/6(火)~ 5/23(日)特別展「よみがえる承久の乱 ─ 後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏 ─」@京都文化博物館

 

 

日本史上の重大事件「承久の乱」をテーマにした初の大規模展覧会。国宝22点、重要文化財12点を含む、貴重な作品約160点とともに800年前の戦いの記憶に迫る!

 

2021年4⽉6⽇(⽕)~ 5⽉23⽇(⽇)までの期間、京都⽂化博物館にて特別展「よみがえる承久の乱 ─ 後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏 ─」が開催されます。

 

13世紀初頭、名実ともに日本列島を統べていた後鳥羽上皇は、勅撰集『新古今和歌集』に結実する和歌をはじめとして、多芸多能の帝王でした。しかし承久3年(1221年)、前代未聞の事件「承久の乱」が起こり、後鳥羽上皇が北条氏率いる鎌倉御家人に合戦で敗れ、隠岐に流されたのです。この承久の乱を機に、鎌倉幕府の優位のもとで公家と武家が並存する時代となりました。

 

承久記絵巻 巻第 4 (部分)(個人蔵) 通期(巻き替え)

 

本展覧会では、近年進展著しい当該期の最新の研究成果を踏まえて、皇族・貴族・武士・僧侶など、この時代の人々の息吹を伝える古文書・肖像画・刀剣・仏画や、この時代を描いた絵画類から、日本史上の重要事件の歴史的意義に迫ります。2021年は承久の乱から800年。今によみがえる乱の様相をご覧ください 。

 

会期 2021年4月6日(火)~ 5月23日(日)

※【前期】4月6日(火)~ 4月25日(日)、【後期】4月27日(火)~ 5月23日(日)

会場 京都文化博物館 4階・3階展示室

京都府京都市中京区三条高倉

開室時間 10:00~18:00 ※金曜日は10:00~19:30(入場は閉室の30分前まで)
休館日 月曜日
観覧料 一般/1,500円(1,300円)、大高生/1,100円(900円)、中小生/500円(300円)

※(  )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳等をご提示の方と付き添い1名無料
※前売券は2021年4月5日(月)まで販売
※新型コロナウィルス 感染症の状況により、予定を変更する場合がございます。

備考 ●企画チケット(2/1~4/5:限定枚数に達し次第、販売終了)

①【数量限定】エコバッグ付きチケット/2,300円

「承久記絵巻」に登場する北条義時や合戦の場面が描かれたエコバッグ付きの前売券。このチケットでしか手に入りません!「チケットぴあ」にて300個限定販売。

ご購入はコチラ

※エコバッグは会場特設ショップでお引き換えください
※画像はイメージです

 

②ペア割りチケット/2,400円(前売・一般2枚セット)

一般2枚の前売券がペアでお得に買えるチケット。「ローソンチケット」にて数量限定で販売。

ご購入はコチラ

※1名で2枚使用も可

 

③夜間にゆったり!特別鑑賞チケット/2,000円

本展担当学芸員のミニレクチャーを聴講の後、閉館後にゆったりご観覧いただける特別鑑賞チケット。音声ガイド付き。「イープラス」にて100枚限定販売。

[開催日]
2021年4月17日(土)17:30~20:00
[特典]
1.開催日限定で、閉館後に2時間ゆったり鑑賞可能
2.京都文化博物館・長村祥知学芸員によるレクチャー「古文書から承久の乱にせまる」をご聴講
3.音声ガイド付

ご購入はコチラ

 

★音声ガイド(1台)/600円(税込)

詳細は決まり次第、京都文化博物館 HP、展覧会公式Twitterでお知らせされます。

主催 主催=京都府、京都文化博物館、読売新聞社、NHK京都放送局 協力=海士町、後鳥羽院顕彰事業実行委員会  後援=(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都

 

 

★展示内容(予定)

 

【序章】院政の成立と武士

 

平安時代後期、貴族社会の変容から院権力が生まれました。「保元・平治合戦図屏風」や「源平合戦図屏風」は、後鳥羽院を生み出した動乱の時代を勇壮に描きます。

 

【1章】多能の帝王、後鳥羽院

 

天子御影(部分)(京都・陽明文庫蔵) 通期

 

多芸多能の帝王、後鳥羽院。後鳥羽直筆の「熊野懐紙」や、自ら作ったと伝わる「太刀菊御作」など、ゆかりの作品を紹介します。

 

重要文化財 太刀 菊御作(京都国立博物館蔵) 前期

 

国宝 熊野懐紙「深山紅葉・海辺冬月」後鳥羽天皇宸翰(京都・陽明文庫蔵) 後期

 

【2章】朝廷と貴族社会

 

後鳥羽の主導のもとで、勅撰集『新古今和歌集』に結実する優れた歌人達も活躍しました。藤原定家自筆「明月記」などを通して、当時の貴族社会の文化を紹介します。

 

【3章】鎌倉幕府と北条氏

 

神奈川県指定重要文化財 戌神像(旧辻薬師堂十二神将のうち)(神奈川・鎌倉国宝館蔵) 通期 (写真撮影:奈良国立博物館 提供:鎌倉国宝館)

 

源頼朝が樹立した鎌倉幕府。3代将軍源実朝が討たれ、北条義時が実権を握ります。「戌神(旧辻薬 師堂十二神将のうち)」立像は、北条義時を暗殺から守った守護神の姿を伝えています。

 

【4章】承久の乱

 

承久記絵巻 巻第2(部分)(個人蔵) 通期(巻き替え)

 

承久3年(1221年)5月、後鳥羽は鎌倉の執権北条義時の追討命令を発し、承久の乱が勃発しました。その経緯を描いた唯一の絵巻「承久記絵巻」全6巻を80年ぶりに公開します。

 

承久記絵巻 巻第5(部分)(個人蔵) 通期(巻き替え)

 

【5章】乱後の隠岐・京・鎌倉

 

承久記絵巻 巻第6(部分)(個人蔵) 通期(巻き替え)

 

承久の乱に敗れた後鳥羽は隠岐に流されました。「時代不同歌合絵断簡」は、隠岐の後鳥羽の営為から生まれた新たな絵巻の表現を伝えています。「東寺百合文書」から、鎌倉幕府の西国への進展が窺えます

 

【終章】

 

承久の乱後の政治体制は100年以上続きましたが、後醍醐天皇や足利尊氏によって新たな動乱の時代を迎えることとなりました。彼らの肖像画や南北朝内乱の様子を伝える古文書を展示します。

COMING

今後のイベント | ミュージアム