1. HOME
  2. イベント
  3. 1/23(土)~ 4/11(日)「平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019」

1/23(土)~ 4/11(日)「平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019」

 

 

経済的な停滞・未曾有の災害。“激動” の平成時代の美術を振り返る…!

『京都市京セラ美術館』(左京区)の新館「東山キューブ」で、美術評論家・椹木野衣(さわらぎ のい)の企画・監修による平成年間(1989–2019年)の美術を振り返る展覧会「平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019」が開催。

 

会場では平成の14のアーティストグループおよび集合体の代表作が一堂に会するほか、資料展示などに加え、社会的事件、経済的事象や自然災害といった揺れる大地の上で、美術がどのような変遷をたどってきたかをまとめた平成の大年表を展示。

 

「うたかた」と「瓦礫(デブリ)」をキーワードに、経済的な停滞と未曾有の災害に繰り返し見舞われた平成の時代を、椹木氏の視点にもとづきアーティストたちがどのように時代と状況に応答してきたかを探ります。

 

会期 2021年1月23日(土)~ 4月11日(日)
会場 京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124

時間 10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
観覧料 一般/2,000円(1,800円)、大学・専門学校生/1,500円(1,300円)、高校生/1,000円(800円)、小・中学生/500円(300円)、未就学児/無料 ※料金は全て税込です

※( )内は20名以上の団体料金
※京都市内に在住(通学)の小・中学生は無料
※障害者手帳等をご提示の方は本人及び介護者1名無料

 

◎「平成美術展」をお得にお楽しみいただけるチケットも!

・ペア割チケット:一般チケット2枚で3,500円
・平成割:平成生まれの方は1,800円 (一般のみ)
・図録付チケット:5,000円(一般のみ)
・2回目割:初回観覧日に限り、次回のチケットを1,500円で購入可能 (一般のみ)

企画・監修 椹木野衣
主催 主催=平成美術展実行委員会(京都市、朝日新聞社)
Web 展覧会 特設ページはコチラ

 

★展示の見どころ

①平成年間(1989-2019年)の日本の現代美術を大胆に総括する初めての大規模展!

平成初頭に活動したテクノクラートを皮切りに、現在も活動を続けるChim↑Pom、東北画は可能か?ほか、平成の14のアーティストグループおよび集合体が勢揃いします。

東北画は可能か? 《方舟計画》 2011年 Photo: SENO HIROMI (FLOT)

 

②関西のアートシーンからも厳選して紹介!

関西ニューウェーブを担ったComplesso Plastico やDIVINA COMMEDIA、そしてIDEAL COPY、およびこれらに続くcontact Gonzo、國府理「水中エンジン」再制作プロジェクトなど、関西ゆかりのアーティストの重要な活動を作品で振り返ります。

[参考図版] Complesso Plastico 《LOVE AND GOLD Tokyo Version》 1989年 Photo: Oguma Saka

 

③平成のオルタナティブな表現を再考!

平成を特徴づけるゆるやかな個人の集まりである「集合的アーティスト」のグループやプロジェクトによる多様な「作品」のあり方を、映像やインスタレーションで見つめ直します。GEISAI、DOMMUNE、パープルーム、クシノテラス、人工知能美学芸術研究会の平成年間の作品を紹介します。

 

④登れる!渡れる!展示室の中央に巨大な橋が出現!

「突然、目の前がひらけて」のチームが、隣り合う二つの大学の間の壁にかつて架けた橋を再現。会場全体を俯瞰していただけます。

灰原千晶、李晶玉 《区画壁を跨ぐ橋のドローイング》 2015年

 

 

⑤圧巻の「平成の大年表」が登場!

松本弦人デザインの幅約15メートルにおよぶ「平成の大年表」で、集合的アーティストの活動を中心に、揺れ動いた平成を映しだす日本の現代美術の変遷をご覧ください。

 

 

展覧会ステートメント

いま、不穏と呼ぶしかない令和の幕開けの渦中にあって、改めて30年あまりに及んだ平成の美術とは何であったのかについて、ここ京都の地から振り返ってみよう。1980年代、1990年代というような10年間(の傾向)で区切るのではない。「明治」の美術が、日本における美術そのものの夜明けであったように、「大正」の美術が、自我を持った絵描きたちによる叫びと前衛の新興であったように、「昭和」の美術が、戦争の前後で光と影のような対照を見せ、その後、民主主義と平和憲法に倣い、数々の分派へと枝分かれしていったように、そのような輪郭だった美術の容貌(精神)を、果たして「平成」の美術は持っているだろうか。ここではそれについて、自然災害や事件、事故、経済危機が多発した時代における、複数の美術家たちによる「密」な集合的活動の集積として捉え、バブル経済の崩壊と東日本大震災(福島原発事故)を念頭に、鴨長明『方丈記』と磯崎新『瓦礫(デブリ)の未来』に倣って、「うたかたと瓦礫(デブリ)」と呼ぶことにしたい。── 椹木野衣

 

 

COMING

今後のイベント | ミュージアム