1. HOME
  2. イベント
  3. 12/19(土)~ 1/24(日)企画展「工芸を分解してみる」@京都伝統産業ミュージアム

12/19(土)~ 1/24(日)企画展「工芸を分解してみる」@京都伝統産業ミュージアム

 

5つのテーマから視点を変えて工芸を覗く、子どもから大人まで楽しめる企画展。毎週末にはワークショップや職人による実演も!

『京都伝統産業ミュージアム』(左京区)は、人の暮らしや文化のための道具として時代とともに発展してきた「工芸」を色、形、素材、技などの要素で分解し、工芸品から道具までジャンルを問わず展示する企画展「工芸を分解してみる」を2020年12月19日(土)より開催。フライヤーやポスター、展示ビジュアルはグラフィックデザイナー三重 野龍 氏が担当!

 

展示では工芸を体感できる仕掛けを多数用意。また、会期中の毎週末には職人によるワークショップ・実演も開催するなど、子どもから大人まで楽しめる内容になっています。一つのテーマを視点を変えて観ることで見つかる、思いもしない気づきや発見との出会いをお楽しみください♪

 

開催期間 2020年12月19日(土)~ 2021年1月24日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 2020年12月29(火)~ 2021年1月3日(日)
料金 無料
会場 ●京都伝統産業ミュージアム 企画展示室

京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 京都市勧業館みやこめっせ 地下1階

アクセス 地下鉄東西線「東山」駅より徒歩約10分
主催 京都市、京都伝統産業ミュージアム
Web 京都伝統産業ミュージアム 公式サイトはコチラ

 

★展示の詳細

工芸が持つ様々な要素から5つをテーマにした展示が行われます。

 

「#1わんなり椀形/碗形」

茶碗やおりんなどの異なる用途や素材からわんの形をした工芸を集めました。

 

「#2竹」

竹を使った工芸品を集めることで、竹が持つ特性や役割を発見。

 

「#3あか」

昔の人はあか色をどうやって作ったのか?”あか”にはどんな意味がある?などの解説に加え、今との共通点にも触れます。

 

「#4型」

道具として型が誕生したことで昔の技術にどんな革命的発展を与えたか?について型と型で作られた完成品を見比べながら学びます。

 

「#5唐草」

唐草文様が入った工芸品から部品、道具までの展示を通して、私たちと唐草との関係が見えてきます。また、企画展がより楽しめる!クイズもご用意。お子さんとも一緒に楽しんでいただけます。

 

★職人による実演・ワークショップ情報

会期中、毎週末開催。500円~2,000円でワークショップに参加することができます。※完全予約制

 

【ワークショップ一覧】

14:00スタート(12/19のみ13:30スタート)。所要時間/1時間~1時間30分(ワークショップごとに終了時間が異なります)。※各ワークショップの詳細・予約は京都伝統産業ミュージアムWEBサイトをご確認ください。

型と道具を学ぶ日
12/19(土) 型友禅の型紙で染める「トートバック作り」

12/20(日) 菓子型を使った「お干菓子作り」

唐草と模様を学ぶ日
12/26(土) 紋上絵師による「紋切り遊び」(終日開催・予約不要)

12/27(日) 版木を摺る「からかみハガキ作り」

あかと色を学ぶ日
1/9(土) 京都で唯一の京こま職人による「京こま作り」

1/10(日) 和蝋燭の蝋で「キャンドル作り」

1/11(月) 古代文字等を彫る「消しゴムはんこ作り」

わんなりを学ぶ日
1/16(土) 手びねりで「私の手に添う碗作り」

1/17(日) おりんの音を感じる「おりん演奏会」(終日開催・予約不要)

竹を学ぶ日
1/23(土) オリジナルの提灯をつくる「ちび丸作り」

1/24(日) 自分でつくる生活の道具「竹のお箸作り」

 

【職人による実演】

時間/上記各日10:00~16:30 ※ワークショップ開催時間・準備時間など実演を行ってない時間があります。

 

 

<ご来館の皆様へのお願い>

・入館時にサーモカメラによる検温を実施しています。37.5度以上の発熱が認められた場合は、ご入館をご遠慮いただきます。

・発熱、風邪の諸症状(咳・のどの痛みなど)及び倦怠感や呼吸困難等の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご入館をお控えください。

・マスクの着用をお願いします。(マスクなしでのご入館はお断りする場合がございます。)

・ご入館前にアルコール消毒液による手指の消毒をお願いします。・館内では、他のお客様と間隔をあけて(2メートル程度)ください。また、館内での会話や長時間の滞在はお控えください。

・咳やくしゃみをされる際は、マスクやハンカチ、上着の袖などで口と鼻を覆う「咳エチケット」にご協力ください。

・展示品や展示ケース、壁などにお手を触れられないよう、お願いします。

・当面の間、団体でのご来館はご遠慮ください。

・館内が過度に込み合う場合、入場者数を制限する場合がございます。

 

COMING

今後のイベント | ミュージアム