1. HOME
  2. イベント
  3. 2/20(土)~ 3/16(火)JR四国所属の観光列車「藍よしのがわトロッコ」特別展示 @京都鉄道博物館

2/20(土)~ 3/16(火)JR四国所属の観光列車「藍よしのがわトロッコ」特別展示 @京都鉄道博物館

 

写真提供:京都鉄道博物館

 

四国・徳島線を運行する最新のトロッコ列車が京都に! 車両展示のほかに物産展などのイベントも開催予定♪

 

2020年10月から運行が開始されたJR四国所属の観光列車「藍よしのがわトロッコ」が、2月20日(土)より『京都鉄道博物館』(下京区)で特別展示されます。

 

「藍よしのがわトロッコ」は吉野川が育んだ「阿波藍」、藍で富を築いた藍商人により花開いた「阿波おどり」をはじめとする徳島の文化や沿線の歴史、地元の食や地酒を、吉野川に吹き抜ける風とともに体感できるトロッコ列車です。

 

車両の展示期間に合わせて、車内見学や物産展、観光情報の紹介などの関連イベントも実施されるので、ぜひ足を運んでみてください!

 

期間 2021年2月20日(土)~ 3月16日(火)※休館日(毎週水曜日)を除く

※車両は2021年2月19日(金)の開館時間中に入線予定

場所 京都鉄道博物館  本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
展示車両 「藍よしのがわトロッコ」(キクハ32-501 ならびにキハ185-20)
備考 ※入線セレモニーは実施いたしません
※新型コロナウイルスの感染状況により 、展示内容が中止・変更となる場合があります
※JR四国およびJR西日本の営業線を運転して搬入するため、輸送上の都合により展示および関連イベントのすべてまたは一部を中止する場合があります

 

 

★関連イベント

 

①「藍よしのがわトロッコ」車外ステップからの車内見学

 

車外に設置したステップから「藍よしのがわトロッコ」の車内(キクハ 32-501)が見学できます。ステップを設置した反対側の車外に沿線の風景を再現したパネルが設置されるので、実際の運行時の車窓の雰囲気を味わうことができます。車内には徳島県美馬市木屋平(こやだいら)地域で作られた案山子が乗車しているので、あわせて記念撮影をお楽しみください。※車内に立ち入ることはできません。

 

日時 展示期間中の当館営業時間内

【3/8追記】
下記「藍よしのがわトロッコ」乗車体験イベントの開催に伴い、車内見学は3月13日(土)で終了します

場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

 

②物産展

 

徳島県による物産展、JR四国によるグッズ販売を実施。

 

日時 2月20日(土)・ 21日(日)・3月14日(日)11:00~16:00
場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

 

③徳島県観光情報の紹介

 

「藍よしのがわトロッコ」が走行する徳島線の沿線を中心に、ポスターやパンフレ ット等で徳島県の魅力を紹介。

 

日時 展示期間中の当館営業時間内
場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

 

【3月8日追記】

①「藍よしのがわトロッコ」乗車体験

 

 

「藍よしのがわトロッコ」(キクハ 32)の車内で、沿線の地域観光団体(一般社団法人「そらの郷」)による沿線の紹介や、トロッコが走る徳島県西部の特産品などのプレゼントが当たる抽選会をお楽しみいただけます。参加者には実際の運行で配布している沿線マップのプレゼント(なくなり次第終了)も!

 

日時 2021年3月14日(日)11:30、13:30、14:30、15:30(各回10分程度)

※開催時間の15分前から受付開始

場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア 「藍よしのがわトロッコ」(キクハ 32)車内
参加人数 各回14組(先着順)

※座席の関係で1組4名までとさせていただきます。5名以上のグループは2組に分かれていただくことがあります

 

 

②京都鉄道博物館 阿波おどり

 

画像はイメージです

 

徳島県発祥、400年以上の歴史を有し、世界にもその名を知られた盆踊り「阿波おどり」。今回は、関西2府2県を中心に活動する18連が所属する「関西阿波おどり協会」より、選抜として選ばれた連員たちが演舞を披露します。

 

日時 2021年3月14日(日)13:00、15:00(各回15分程度)
場所 本館1F 三車両前

 

 

③すだちくん、 すまいるえきちゃん♡れっちゃくん♡、ウメテツ撮影会

 

徳島県マスコットキャラクターの「すだちくん」、JR四国のおもてなしキャラクター「すまいるえきちゃん♡れっちゃくん♡」が京都鉄道博物館に登場。もちろん、京都鉄道博物館の公式キャラクター「ウメテツ」も参加します!

 

日時 2021年3月14日(日)11:00、14:00、16:00(各回15分程度)
場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア 「藍よしのがわトロッコ」(キクハ 32)先頭車両前
備考 新型コロナウイルス感染症対策のため、キャラクターと並んでの撮影はできません

 

 

④徳島県プロモーションムービー、藍よしのがわトロッコ紹介動画等の放映

 

徳島県や「藍よしのがわトロッコ」を紹介する、3種類の映像を放映。

 

(Ⅰ) 徳島県の魅力をお伝えするプロモーションムービー

(Ⅱ)「藍よしのがわトロッコ」の車内や沿線の風景、走行シーンを収めた紹介動画

(Ⅲ)「藍よしのがわトロッコ」の京都鉄道博物館への輸送風景を車内から撮影した動画

 

日時 展示期間中の当館営業時間内
場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

 

 

そのほか2月~3月に開催中のイベント

●収蔵写真展「現役時代の展示車両」

 

特急「つばめ」を牽引するC62形2号機 1951(昭和26)年 東淀川にて撮影(写真提供:京都鉄道博物館)

 

『京都鉄道博物館』では、蒸気機関車から新幹線電車まで実物車両53両が保存・展示されています。今回は、そのうち22両の展示車両たちの現役時代の様子を写真からご紹介。

 

開催期間 2020年12月26日(土)~ 2021年3月28日(日)
開催場所 本館3F ギャラリー
展示予定 蒸気機関車 C62形2号機、電気機関車 EF58形150号機 等

 

●収蔵資料展「輝く記念品展」

 

鉄道開通百年記念 金盃(写真提供:京都鉄道博物館)

 

『京都鉄道博物館』に収蔵されている鉄道開通、竣工時の際に作成された記念品の中から、金色、銀色にメッキや塗装加工されている記念品をご紹介。

 

開催期間 2021年1月23日(土)~ 4月4日(日)
開催場所 本館2F 企画展示室横展示ブース
展示予定 鉄道開通百年記念金盃、0系新幹線引退記念ブレーキハンドル 等

 

●特別な車両公開「モハ80形1号車」

 

モハ80形1号車

 

週末を中心に行われている「特別な車内公開」。2021年1月~3月は1950(昭和25)年に登場した、日本初の長大編成電車の中間車「モハ80形1号車」の車内が公開されます 。基本性能は戦前の技術を踏襲し、新技術も採り入れて長距離・高速運転に対応し、最大16両編成が可能となった車両です。

 

開催期間 2021年1月~3月の土日祝
開催時間 10:00~16:30
開催場所 プロムナード
備考 2020年8月18日に発表された公開車両から変更されています。予め、ご了承ください。

 

 

 

【スタンプカードについて 】

「京都鉄道博物館 おとなの学び講座スタンプカード」「京都鉄道博物館 ワークショップスタンプカード」

スタンプカード対象イベントに参加してスタンプを集めると、スタンプの数に応じて記念グッズなどの特典がもらえます。スタンプカード対象の講座・ワークショップを京都鉄道博物館公式サイトでチェックして京都鉄道博物館へGo!

 

 

特典内容

特典の缶バッジ ※写真はイメージです

 

参加方法 各講座・ワークショップ開催会場で、スタンプカードを受け取る。
参加費 無料 ※要入館料
特典交換場所 各講座・ワークショップ開催会場
注意事項 ・各スタンプカードは記名式とし、ご本人様のみ有効。(代理人による参加は不可)
・スタンプの押印は1日につき1個です。(同一ワークショップで別の日に参加した場合は押印します。)
・各スタンプカードの有効期間は2022年3月末です。
・子ども向けワークショップへ大人のお客様が参加されても押印しません。

 

 

●ご来館時の注意

・新型コロナウイルス感染症対策のため、閉鎖を継続している場所がございます。

・検温、マスク着用、手指のアルコール消毒等のご協力をお願いいたします。

・「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」を導入しています。厚生労働省アプリと合わせて、来館時に、QRコードより登録をお願いします。

※詳細は『京都鉄道博物館』公式HPをご覧ください。

COMING

今後のイベント | ミュージアム