1. HOME
  2. イベント
  3. 5/22(土)~ 7/11(日)「山陽鉄道全通120周年記念企画展『鉄道と食のいろどり』」@京都鉄道博物館

5/22(土)~ 7/11(日)「山陽鉄道全通120周年記念企画展『鉄道と食のいろどり』」@京都鉄道博物館

 

 

“鉄道の食文化” をテーマにした企画展を開催!! 展示のほか、関連イベントも盛りだくさん♪

 

『京都鉄道博物館』(下京区)が「山陽鉄道(現 山陽本線)」の全通(神戸-馬関〈現 下関〉間)120周年を記念した企画展「山陽鉄道全通120周年記念企画展『鉄道と食のいろどり』」を、2021年5月22日(土)より開催。

 

食堂車や寝台車などの革新的なサービスを導入し、鉄道における食文化を広げるきっかけをつくった山陽鉄道と、その後広がった鉄道の食文化をテーマにしたさまざまな資料展示が館内各所で行われます。

 

スタンプラリーや講演会、特別メニューの提供など、企画展に関連した特別イベントも盛りだくさんなのでお楽しみに!

 

期間 2021年5月22日(土)~ 7月11日(日)
備考 ※新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては予定を変更する場合がございます
Web 京都鉄道博物館 公式ホームページ

 

 

【 展示内容 】

 

1. 祝!山陽鉄道全通120th!!

 

山陽鉄道 食堂車の車内(写真) 写真提供/京都鉄道博物館

 

1888(明治21)年に設立され、同年11月に兵庫~明石間が開通したのを皮切りに、1901(明治34)年5月27日に神戸~馬関間を全通させた、当時の五大私設鉄道に入る「山陽鉄道のあゆみ」について、同社が始めたサービスや活躍した時代背景を中心に紹介。

 

下関停車場と山陽ホテル(絵葉書) 写真提供/京都鉄道博物館

 

開催場所 本館 2F 生活と鉄道エリア「遠くにでかける」

 

 

 

2. 時代とともに発展した「食」

 

オシ16 形客車模型(縮尺 1/20) 写真提供/京都鉄道博物館

 

列車内で温かい食べ物を楽しむことができる食堂車のはじまりは、山陽鉄道が三田尻〈現 防府〉~ 京都間を走る最急行列車に連結させた明治にまでさかのぼります。現在まで続く鉄道の食文化について、食堂車や駅弁、 地域の名産品を中心に紹介。

 

駅弁立売箱(複製) 写真提供/京都鉄道博物館

 

駅弁の掛け紙 ※画像はイメージ 写真提供/京都鉄道博物館

 

開催場所 本館 2F 企画展示室

 

 

 

3. 鉄道で楽しめる食あれこれ

 

山口県の萩~下関間を結ぶ観光列車「〇〇のはなし」 写真提供/JR西日本

 

車内や駅周辺で楽しめる「食」について、JR 西日本・四国エリアを中心に紹介。

 

「〇〇のはなし」内で提供される「夢のはなし弁当」 写真提供/JR西日本

 

「〇〇のはなし」内で楽しめる「萩のおつまみセット」 写真提供/JR西日本

 

開催場所 本館 2F 生活と鉄道エリア「鉄道と文化」
紹介予定 ベル・モンターニュ・エ・メール、花嫁のれん、〇〇のはなし、丹後くろまつ号、 TWILIGHT EXPRESS 瑞風、etSETOra、あめつち、伊予灘ものがたり、四国まんなか千年ものがたり、 志国土佐 時代の夜明けのものがたり ほか

 

 

 

【 関連イベント 】

 

・観光列車のロゴマークスタンプラリー

 

写真提供/京都鉄道博物館

 

館内に設置された6か所のラリーポイントを回って、観光列車のロゴマーク スタンプを集めるスタンプラリーを開催!

 

開催期間 2021年5月22日(土)~ 7月11日(日)
開催場所 本館内 6か所
参加方法 本館1F インフォメーション横にスタンプラリー用紙を設置

 

 

 

・観光列車2種の特別展示

 

京都鉄道博物館の目玉イベントの一つである「引込線特別展示」も企画展とコラボ。「食」にこだわった観光列車である、WILLER TRAINS 株式会社(京都丹後鉄道)の「丹後くろまつ号(KTR700形気動車)」と、JR西日本の「○○のはなし(キハ47形気動車)」が展示されます。

 

 

展示期間 (丹後くろまつ号) 2021年6月25日(金)~ 6月27日(日)

(○○のはなし) 2021年6月25日(金)~ 7月6日(火)

※6月25日(金)15:00より、京都鉄道博物館への入線シーンを公開

展示場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
展示車両 KTR700形気動車「丹後くろまつ号」:1両

キハ47形気動車「○○のはなし」:2両

備考 ※営業線を運転して搬入するため、輸送上の都合により展示や関連イベント(下記)の一部または全部を中止する場合があります

 

 

★丹後くろまつ号(KTR700形気動車)

 

写真提供/WILLER TRAINS株式会社

 

天橋立に代表される日本海の白砂青松を象徴する「松」をテーマに、数々の列車デザインで知られる、水戸岡鋭治氏がリニューアルを担当。京都丹後鉄道でレストラン列車として活躍しています。

 

 

【関連イベント】

 

①くろまつカフェ in 京都鉄博

 

丹後くろまつ号の車内にて、「丹鉄珈琲」をはじめとする飲料の販売が行われます。購入した飲食物は、車内もしくは車両工場エリア、トワイライトプラザにてお楽しみください♪

 

日時 2021年6月26日(土)、27日(日)10:00~12:00、13:00~15:30
場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア「丹後くろまつ号」車内
備考 カフェの営業は商品が売り切れ次第終了。終了後は車内公開のみ行われます

 

 

②丹鉄&沿線グッズ販売

 

トートバッグ(イメージ) 写真提供/WILLER TRAINS株式会社

 

京都丹後鉄道限定のグッズに加えて、沿線の自慢の品々を販売。新商品「くろまつトートバッグ」の先行販売も行われます!

 

日時 2021年6月26日(土)、27日(日)

いずれも10:00~12:00、13:00~15:30

場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

 

③アテンダントによるおもてなし

 

アテンダント(イメージ) 写真提供/WILLER TRAINS株式会社

 

実際に丹後くろまつ号に乗務しているアテンダントが車内の紹介をしてくれます。

 

日時 くろまつカフェ in 京都鉄博 営業時間中
場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア「丹後くろまつ号」車内

 

 

④沿線観光PR

 

京都丹後鉄道沿線の魅力を紹介する動画・ポスターが公開されます。

 

日時 2021年6月26日(土)、27日(日)開館時間中
場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

 

 

★○○のはなし(キハ47形気動車)

 

写真提供/JR西日本

 

美しい絶景が続く山口県・萩~下関間を走行する観光列車。列車名には美しい海岸線とともに、萩(は)・ 長門(な)・ 下関(し)を辿り、思い出に残る『はなし』の旅を楽しんで欲しいという思いが込められています。

 

 

【関連イベント】

 

①車内公開

 

「○○のはなし」の車内を見学することができます!

 

日時 2021年7月4日(日)10:30~16:00(最終受付)
場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
備考 車内の消毒・換気作業が定期的に行われます

 

②長州路観光連絡会(下関市・長門市・萩市)PRイベント

 

「○○のはなし」が発着する下関市・長門市・萩市の観光イベントを開催。3市にまつわる素敵な景品が当たる抽選会も行われます♪

 

日時 2021年7月4日(日)10:00~、13:00~
場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
備考 抽選会は景品がなくなり次第終了

 

 

③沿線観光PR

 

「○○のはなし」が走行する沿線の魅力を動画やポスター、パンフレットで紹介。沿線の市町や「○○のはなし」にまつわるノベルティグッズの配布(数量限定)も実施予定!

 

日時 2021年6月28日(月)~ 7月6日(火)開館時間中
備考 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

 

 

④記念撮影コーナー

 

「○○のはなし」車両前に記念撮影用のコーナーが設置されます。

 

日時 2021年6月28日(月)~ 7月6日(火)開館時間中
場所 本館 1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
備考 館内スタッフによる撮影サービス等はありません

 

 

★チケットの販売について

 

今回の特別展示を記念して、展示車両にちなんだ「グッズ付き入館券」と、通常は立ち入りできないエリアで入線シーンを見ることができる “特別観覧エリア入場券” とグッズがセットになった「スペシャルチケット」 が6月より枚数限定で販売されるので、ぜひゲットしてください♪

 

チケット① グッズ付き入館券A【入館券+京都丹後鉄道オリジナル缶バッジ(非売品)3点セット】

写真提供/京都鉄道博物館

発売期間:2021年6月18日(金)~ 7月31日(土)

使用期間:上に同じ

料金:一般/1,800円、大学生・高校生/1,600円、中学生・小学生/1,100円、幼児(3歳以上)/800円

販売枚数:330枚

チケット② グッズ付き入館券B【入館券+「○○のはなし」特製クリアファイル2点セット】

写真提供/京都鉄道博物館

発売期間:2021年6月18日(金)~ 7月31日(土)

使用期間:上に同じ

料金:一般/1,800円、大学生・高校生/1,600円、中学生・小学生/1,100円、幼児(3歳以上)/800円

販売枚数:470枚

チケット③ グッズ付き入館券C【入館券+京都丹後鉄道使用済み硬券+整理ダイヤのセット】

写真提供/京都鉄道博物館

発売期間:2021年6月1日(火)~ 7月31日(土)

使用期間:上に同じ

料金:一般/2,500円、大学生・高校生/2,300円、中学生・小学生/1,800円、幼児(3歳以上)/1,500円

販売枚数:30枚

チケット④ 特別観覧エリア付きスペシャルチケット【グッズ付き入館券C+特別観覧エリア入場券のセット】

発売期間:2021年6月1日(火)~ 6月25日(金)

使用期間:2021年6月25日(金)のみ

※特別観覧エリアへの入場受付は14:00~14:30まで

料金:一般/3,000円、大学生・高校生/2,800円、中学生・小学生/2,300円、幼児(3歳以上)/2,000円

販売枚数:50枚

備考 ※全国のセブンイレブンで販売。店頭のマルチコピー機でお買い求めください

※各券種とも売切次第、販売終了

※大学生・高校生(専門学校・短期大学・高専を含む)・中学生の方は、ご入館の際に学生証のご提示が必要です

 

 

 

・企画展とコラボした講演会の開催

 

企画展のテーマに合わせた2つの講演会が開催されます♪

 

【1回目】2021年6月5日(土)

講演テーマ:「トワイライトエクスプレス『ダイナープレヤデス』の魅力」

講師:伊福部雅司 氏(株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット 大阪列車営業支店副支店長)

 

 

【2回目】2021年6月27日(日)

講演テーマ:「京都丹後鉄道の地域活性化の取り組み」

講師:寒竹聖一 氏(WILLER TRAINS 株式会社(京都丹後鉄道)代表取締役)

 

開催時刻 ①11:00 ②14:00(各回 所要約60分)
開催会場 本館 3F ホール
参加人数 各回 先着約50名 ※参加人数に達し次第、受付を締め切り
参加方法 各回 開催時刻の15分前より会場にお入りいただけます

 

 

 

・館内レストランで特別メニューの提供

 

「あなごとうしのいろどり1BOXプレート」 写真提供/京都鉄道博物館

 

会期中、駅弁でも人気のあなごと牛しぐれ煮を1BOXセットした特別メニュー「あなごとうしのいろどり1BOXプレート」(1,300円・税込)を、館内のレストランで提供。

 

提供期間 2021年5月22日(土)~ 7月11日(日)
提供場所 本館 2F レストラン
備考 ※販売予定数に達し次第、販売を終了

※レストラン入口に設置された券売機で食券をお買い求め下さい

 

 

 

・駅弁で有名な『淡路屋』が1日限りの特別出店!

 

「ひっぱりだこ飯」 写真提供/京都鉄道博物館

 

蛸壺を模したユニークな器に明石名物の真だこやあなご、季節の野菜をたっぷりと盛り付けた駅弁「ひっぱりだこ飯」(1,080円・税込)で有名な神戸東灘区の老舗弁当屋『淡路屋』が、1日限定で京都鉄道博物館に出店。人気の駅弁が楽しめる絶好の機会をお見逃しなく!

 

販売日 2021年6月5日(土)
販売時間 10:00~14:00 ※売切れ次第終了
販売場所 本館 1F「自然と向き合う」展示横スペース

 

 

 

・企画展関連グッズの販売

 

チョロQ(左:花嫁のれん、右:あめつち)/各1,320 円(税込) 写真提供/京都鉄道博物館

 

旧二条駅舎内にあるミュージアムショップで、企画展に合わせた商品を発売予定!

 

販売開始 2021年5月22日(土)
提供場所 ミュージアムショップ(旧二条駅舎内)
備考 ※店内の混雑緩和のため、入店を制限する場合があります

※入館券をお持ちでなくても利用できます

 

 

 

● ご来館時の注意

・新型コロナウイルス感染症対策のため、閉鎖を継続している場所がございます。

・検温、マスク着用、手指のアルコール消毒等のご協力をお願いいたします。

・「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」を導入しています。厚生労働省アプリと合わせて、来館時に、QRコードより登録をお願いします。

※詳細は『京都鉄道博物館』公式ホームページをご覧ください。

COMING

今後のイベント | ミュージアム