1. HOME
  2. イベント
  3. 11/13~12/6 くろ谷 金戒光明寺「特別夜間拝観」

11/13~12/6 くろ谷 金戒光明寺「特別夜間拝観」

 

紫雲の庭

11月13日(金)~ 12月6日(日) くろ谷 金戒光明寺「特別夜間拝観」

幕末に京都守護職が本陣を構えた「金戒光明寺」が、2020年11月13日(金)から秋の特別夜間拝観を開催。今回の夜間拝観では毎日3回庭園にて「お琴や篠笛などの邦楽の生演奏」が行われます。プレミアム拝観プランでは、御用庭師もしくは庭園コンシェルジュ(植彌加藤造園)による案内付き。

 

《くろ谷 金戒光明寺とは》

幕末に京都守護職(会津藩)の本陣となった金戒光明寺は、新選組ゆかりの寺院です。法然上人(浄土宗)が最初に念仏を唱えた寺院で、今回の特別夜間拝観では、伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼屏風(ぐんけいずおしえばりびょうぶ)」や冨岡鉄斎筆の屏風などの寺宝もご覧いただけます。「虎の間」は襖を開閉すると虎の数が変わります。境内からは本陣らしく京都市内の夜景が一望でき、「紫雲の庭」の水面に映るライトアップされた紅葉は必見です。また五劫思惟阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだぶつ)は「アフロ仏」としてメディアで話題になっており、気の遠くなるような長い時間、思惟をこらし修業をされた珍しいお姿を表しています。「寿限無寿限無、五劫の擦り切れ」はここからきています。

 

山門の紅葉

 

虎の間

 

「アフロ仏」こと五劫思惟阿弥陀仏

 

期間 2020年11月13日(金)〜12月6日(日)
時間 17:30~20:30(最終入場20:00)
拝観料 大人/1,000円、小学生/500円、幼児/無料 ※団体20名以上/800円
場所 くろ谷 金戒光明寺
京都府京都市左京区黒谷町121
その他 ●邦楽の生演奏(1日3回公演)
【時間】17:45~、18:30~、19:15~
【場所】大方丈前庭園
●プレミアム拝観プラン
通常より30分早く入場していただき、御用庭師もしくは庭園コンシェルジュ(植彌加藤造園)が境内をご案内いたします。
【開催】拝観期間の毎週金・土・日
【時間】17:00~
【拝観料】大人/1,200円、小学生/600円

 

 

COMING

今後のイベント | 遊び