1. HOME
  2. イベント
  3. 3/20(土・祝)~ 5/11(火)「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」

3/20(土・祝)~ 5/11(火)「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」

 

 

心ときめく「プラレール」の世界が京都鉄道博物館に!! 親子で楽しめる展示が盛りだくさん♪

 

『京都鉄道博物館』(下京区)が『株式会社タカラトミー』が設立した架空の鉄道会社「プラレール鉄道」の本格始動に合わせ、2021年3月20日(土・祝)より「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」を開催。

 

プラレールの世界が楽しめる展示や映像のほか、「プラレール鉄道で旅する西日本」を再現したジオラマなどの展示が行われます。お子様はもちろん、かつてプラレールに親しんでいたお父さん、お母さんも一緒に楽しめる展示が盛りだくさんなので、ぜひご家族で足を運んでください♪

 

 

★「プラレール鉄道」とは
『株式会社タカラトミー』が、2019年にプラレール60周年を記念して “創立” した架空の鉄道会社。2021年は「プラレール鉄道」をプロジェクトとして本格始動し、「てつどうにトキメキを こどもたちにワクワクを」をテーマに、“ プラレールの新しい遊び ” をお楽しみいただける玩具展開のほか、全国の実在鉄道会社との垣根を超えたコラボレーショ ンが展開される。

 

 

期間 2021年3月20日(土・祝)~ 5月11日(火)
休館日 毎週水曜日(3/31、4/7、5/5は開館)
場所 京都鉄道博物館  本館2F「企画展示室」
備考 新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては予定を変更する場合がございます

 

 

【 展示内容 】

 

●「スピードジェット」大型バルーン模型

 

画像はイメージです

 

プラレール鉄道のオリジナル車両である「スピードジェット」の大型バルーン模型が期間限定で登場! バルーンとの記念撮影をお楽しみください♪

 

日時 3月20日(土・祝)~ 3月31日(水)

※「スピードジェット」大型バルーン模型の展示のみ、開催期間と場所が異なりますので、ご注意ください

場所 本館1F 500系新幹線電車横

 

 

● プラレール鉄道「スピードジェット」商品展示・映像上映・記念撮影

 

 

2021年本格始動の「プラレール鉄道」が登場! 新しい商品や「プラレール鉄道」についても合わせて紹介されるほか、記念撮影もお楽しみいただけます。

 

 

● プラレールの巨大パッケージ展示

 

画像はイメージです

 

プラレールの巨大商品パッケージがズラリと展示されます。好きなプラレールのパッケージを探してみてはいかが♪

 

 

● プラレールの巨大Tシャツ展示

 

画像はイメージです

 

記念撮影にピッタリの巨大なプラレールTシャツが展示されます。

 

 

●「 プラレール鉄道で旅する西日本」ジオラマ展示

 

画像はイメージです

 

プラレールが西日本を走る、ダイナミックなジオラマ展示。(金〇寺など)西日本の有名スポットを見事に再現したジオラマセットは大人も必見です!

 

 

● 超デカッ!プラレールトンネル

 

画像はイメージです

 

プラレールでできた超デカッ!なプラレールトンネルが登場。トンネルをくぐってみんなでプラレールを見渡しましょう!

 

 

● プラレール新製品展示コーナー

 

まもなく販売開始のプラレール最新商品を一足早くご紹介!

 

1.「人気のあそびがギュッ! プラレールベストセレクションセット」/2021年4月発売

 

© TOMY

 

2.「きかんしゃトーマスケンジとトーマスのおいかけっこセット」/2021年3月発売

 

©2021 Gullane(Thomas) Limited. ©2021 HIT Entertainment Limited.

 

3.「プラレール『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』シリーズ」/2021年4月発売

 

© TOMY ©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX

 

(左上)「シンカリオンZ E5はやぶさ」と(左下)「ザイライナー E235ヤマノテ」の2商品が「Z合体」することで、「シンカリオンZ E5ヤマノテ」(右)にパワーアップします!

 

 

★「プラレール」とは
株式会社タカラトミーが発売するロングセラーの鉄道玩具で、2019年に発売60周年を迎えた、3世代にわたって愛されているブランド。「プラレール」の原型は、金属や木の玩具が主流であった1959年に、当時の最新素材であったプラスチックの玩具として発売された「プラスチック汽車・レールセット」。象徴的な青いレールは、当時家族が団らんの時を過ごした「ちゃぶ台」の上で遊べるサイズで設計された。この規格は60年経った今でも変わっておらず、当時のレールと最新のレールを繋げて遊ぶこともできる。身近であり憧れでもある “ 鉄道 ” をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力等の子どもたちの成長を促し、また親子のコミュニケーションを育むブランドとして展開されている。日本国内ではこれまでに、累計約1,570種類、1億7,500万個以上を販売(2020年6月末時点)。

 

 

 

●ご来館時の注意

・新型コロナウイルス感染症対策のため、閉鎖を継続している場所がございます。

・検温、マスク着用、手指のアルコール消毒等のご協力をお願いいたします。

・「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」を導入しています。厚生労働省アプリと合わせて、来館時に、QRコードより登録をお願いします。

※詳細は『京都鉄道博物館』公式HPをご覧ください。

COMING

今後のイベント | ミュージアム