NEWS

go baaanから京都の最新情報をお届けします!

トップ/NEWS/映画『リズと青い鳥』
2018.4.20映画

映画『リズと青い鳥』

吹奏楽に取り組む高校生の青春を描いた武田彩乃の人気小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化。

製作は映画『聲の形』で多くの賞を受賞した京都アニメーション

『聲の形』のメインスタッフが再び集結して贈る、京都の、京都による、京都のための映画と言っても過言ではない一作。

京都では4月21日(土)よりMOVIX京都で公開となります。

 

 

映画『リズと青い鳥』

 

北宇治高校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。

3年生になり、2人にとって最後のコンクールで自由曲に選ばれた曲『リズと青い鳥』にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

「親友」であるはずの2人のソロはうまくかみ合わず、距離を感じさせる…

 

誰もが感じたことがある羨望と絶望。

2人と周りを取り巻く少女たちの儚く美しい一緒を切り取った青春ストーリー。

 

 

180313_riz_01

 

 

 

公開に先立ち、山田尚子監督『響け!ユーフォニアム』監督の石原立也氏、マスコットキャラクターのチューバくんによる舞台挨拶が行われました。

 

 

180420_riz_01

(左から)チューバくん、山田尚子監督、石原立也氏

 

 

180420_riz_02

演出を担当した『響け!ユーフォニアム』監督の石原立也氏

 

石原立也氏:

私は『リズと青い鳥』では演出を担当しているのですが、試写を観て、山田監督らしい音楽の使い方をしているな、と思いました。

山田監督独特の“香り”というようなものが感じられて、観ていて心地よい映画になっています。

ぜひ楽しんでください。

 

 

 

180420_riz_03

山田尚子監督とマスコットキャラクターのチューバくん

 

山田監督:

『リズと青い鳥』は『響け!ユーフォニアム』とは別の切り口で、みぞれと希美の関係にフォーカスを絞りました。

『響け!ユーフォニアム』が全体の話だとすれば『リズと青い鳥』は個の話で、温度の違いを大事にしました。

本編とのつながり、石原監督の新作との関わり方も意識しました。

この作品は音楽にこだわっていて、みぞれたちの日常パートは『聲の形』の牛尾憲輔さん、リズと少女のパートは『響け!ユーフォニアム』の松田彬人さんに音楽をお願いしました。

牛尾さんは映画のモデルとなった高校で、実際にそこにある机やガラスを叩いたりなでたりして録音・サンプリングした音を使用されたりしています。

音響がいい映画館でご覧いただいて楽しんでいただければと思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

180420_riz_05

マスコットキャラクターのチューバくん

 

チューバくん:

…(微動だにせず。たまに軽く揺れてましたが)。

 

 

  

最後に、舞台挨拶が終わって舞台に取り残されるチューバくん。

 

180420_riz_04

 

180420_riz_06

無事帰れますように…

 

 

 

京都・宇治が舞台ということで、京阪宇治駅やあがた祭り、“大吉山”こと仏徳山など、宇治の名所や行事が随所に登場。

まさに京都人必見!でございます。

映画で感動した後は、聖地巡礼などはいかがですか?

 

 

 

『リズと青い鳥』

2018年4月21日(土)ロードショー

京都ではMOVIX京都で公開

監督/山田尚子

声の出演/種﨑敦美、傘木希美、本田望結

http://liz-bluebird.com/

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会 

ページトップへ