NEWS

go baaanから京都の最新情報をお届けします!

トップ/NEWS/『最初で最後のキス』
2018.9.7映画

『最初で最後のキス』

イタリアの田舎町に越してきた、スターを夢見るロレンツォ。
しかし、奇抜な言動で瞬く間に学校で浮いた存在となってしまう。
同じくはみ出し者のブルー、アントニオと意気投合し、友情を育んでいくが、
ある行動がきっかけとなって運命が狂い出していく…

 

不器用な高校生3人の恋と友情を描き、イタリアで若者を中心に話題を呼んだ『最初で最後のキス』
この映画に惚れ込み、日本で上映するために配給会社「イタリア映画社」を立ち上げたという黒崎政夫さんに、大阪での公開初日に行われた舞台挨拶で、作品について語っていただきました。

 

 

作品との出会いについて

 

黒崎
スペインに行く飛行機の中で観た映画がこの『最初で最後のキス』だったんですね。
スペインに着いてから、昼は観光しながらも夜はずっとこの映画のことを考えてました。
重たいテーマなのにすごく楽しくて、この映画を早く日本で観たいなと思ったんですけど、日本では誰も買い付ける人がいなかったので、私が買い付けることになりました。

 

 

「この映画を好きだ」って思って、実際に買い付けして公開にこぎつけるというのは、非常に珍しいかたちですよね。
この作品のイバン・コトロネーオ監督は自身で原作を書き、監督・脚本を手がけているそうですが。

 

黒崎
今から10年ほど前にアメリカのカルフォルニアで実際に起きた事件(ラリー・キング殺人事件)を監督が知って、衝撃を受けて、イタリアでも起こりうることだと思って原作を書いたそうです。
その原作がイタリアの高校で話題になり、監督自身もたくさんの生徒たちに会って、いろんな思いを聞いたりして、この作品を映画化するべきだと思って作ったのがこの映画なんですね。
撮影されたのは4月から6月でして、映画の中で川に飛び込むシーンがあるんですけど、水がすごく冷たくてブルー役のバレンティーナ・ロマーニが熱を出して1週間寝込んじゃったという話を聞きました。

 

 

今回、主演のロレンツォ役のリマウ・グリッロ・リッツベルガーが東京での公開時に来日をしたんですよね。彼はいかがでしたか。

 

黒崎
この映画を買い付けにイタリアに行った時に、リマウくんに「東京で会いましょう」って言っちゃったもんですから、彼を呼ぶことになりました。
そしたら「彼女も連れてっていいですか」って言われて、2人分の交通費がかかりました。
ただ、エコノミークラスで来てくれたのですごく助かりました(笑)。

 

 

これから作品をご覧になる方に一言お願いします。

 

黒崎
主役の3人は、それぞれみんな違った理由で疎外されている生徒たちなんですね。
イタリアの大都会から田舎町に転校してきた主人公が触媒となって、3人が友達関係になって力強くなっていくというテーマで、いじめられている子や疎外されている子にすごく勇気を与える映画だと思います。
3人が仲良くなってくると表情が明るくなってくるので、そういったところを観ていただけたらと思います。

 

 

180907_kiss_01

 

 

 

そしてゴ・バーン映画部・スタッフトヨDも語ります!

 

ゴ・バーン映画部・スタッフトヨDかく語りき

 

実際に起こった事件を元にして作られたイタリア映画ということで、重い映画なのかと思いきや、なんて素敵な妄想ミュージカル!

3人が集う青春ストーリーは、ベタだけれどもやっぱり楽しい。

美人だけど学校で浮いた存在の女の子のブルー、転校生でファッションオタクで瞬く間にはみ出し者になった男の子ロレンツォ、バスケ部のちょっとトロい男の子アントニオ。

あからさまなイジメを受けるけれども、それに対抗する手段がとても今っぽい。

3人の友情がキラキラしているし、鬱々とした日々を過ごしていたブルーに対して、複雑な背景があるのにいつでもニコニコしていて、頭の中ではヒーローなんだと妄想と笑顔で乗り切るロレンツォが、輝くように魅力的。

ちょっとした対応の間違いで未来が変わる。

起こってしまった事は変えられないから、ラストの締め方が余計に切なく感じた。

 

 

 

『最初で最後のキス』は京都シネマにて、9月8日より公開!

 

 

 

『最初で最後のキス』

京都シネマにて9月8日(土)より公開
監督・脚本:イバン・コトロネーオ
出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー、バレンティーナ・ロマーニ、レオナルド・パッザッリ
http://onekiss-movie.jp/

 

 

180911_kiss_01

©2016 Indigo Film – Titanus onekiss-movie.jp

ページトップへ