NEWS

go baaanから京都の最新情報をお届けします!

トップ/NEWS/映画『生きてるだけで、愛。』
2018.11.9映画

映画『生きてるだけで、愛。』

鬱による過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子と同棲を続ける津奈木。

津奈木の元カノが突然現れたことで、2人の関係にも変化が訪れる…

 

 

181109_ikiterudakede_01

 

 

 

原作は芥川賞作家で劇作家の本谷有希子による同名小説。

監督・脚本はこれが長編劇場映画デビューとなる関根光才

自分をコントロールできないヒロインの寧子を圧倒的な演技力で演じきった主演の趣里さんが、公開前に行われた試写会で舞台挨拶に登場し、作品について語ってくれました。

 

 

 

趣里さん(以下、趣里):みなさんこんにちは、寧子を演じさせていただきました趣里です。

今日はよろしくお願いします。

 

 

(この日の舞台である)中之島公会堂には来られたことはありますか?

 

趣里:

初めて来ましたが、海外に来たような雰囲気ですごく素敵だと思いました。

明日からライトアップされる聞きまして、ちょっと早かったかなって思ったんですけど…

大阪は舞台で毎年来る機会があって、大好きです。

 

 

(この日の試写会・舞台挨拶は、「大阪文化芸術フェス2018」の共催イベントとして行われた)

文化の秋といえば、趣里さんはどうですか?

 

趣里:

やっぱり、映画を観に行きたいですね。

あと絵を観るのが好きなので、家に飾るような絵を探したいです。

 

 

この映画は深い内容でしたが、最初に出演すると決まったときはいかがでしたか?

 

趣里:

最初に本をいただいたときは、まず作品の持つエネルギーに引き込まれました。

人間はみんな、苦しいことやつらいことがあると思うんですけど、寧子はすごいエネルギーを持っていて、生命力にあふれていて、前に前にもがきながら進んでいく姿にとても勇気をもらいました。

 

 

苦しくてもなんとか前に進まなければいけないとき、どうされてますか。

 

趣里:

時間が過ぎるのを待つか、落ちるところまで落ちて「もういいだろう」と思えるときが来るまで、落ち込み続けます。

でもそこからちょっと開けたときに周りを見ると、家族や友達がいてくれて救われますね。

人間は100%分かり合える人っていなくて、同じ分量のエネルギーをお互いに向け合える瞬間ってほとんどないと思うので、なにかを共有できるってことは奇跡的なことなんじゃないかと思います。

 

 

ここからは、観客による質問タイム。

 

趣里さんが演じていて、一番共感したところはどこですか。

私は「ウォシュレットが怖い」にすごく共感してしまいました。

 

趣里:

ウォシュレットの怖さはわかります(笑)。

人間は楽しいだけじゃないし、「なんにもわかってもらえない」と思ったり、自分も人のことがわからないと思ったりする中で、悩んだり、壁にぶち当たったり、もうやだなって思ったりすることがあると思うんですけど、それでも生きていかなくちゃいけないですよね。

寧子もそうやってがんばって、最後に向き合ったときに相手のことをちょっと大事に思えたりするような瞬間がふっと訪れることがあって、それはすごく理解できるところでした。

あと、なにか材料が1つ足りなかったら料理ができないじゃん、というのもわかります(笑)。

 

 

演じるうえで、意識したことなんですか?

 

趣里:

まず脚本を読んで、寧子のことを考えて考えて、理解しようということを心がけました。

やっぱり(寧子は)嫌われますよね。ですので観る人の心が離れないようにと意識して演じました。

 

 

冒頭のシーンは、髪の毛と眉毛は本当に剃ったんですか?

 

趣里:

本当には剃ってないですよ(笑)。特殊メイクです(笑)

 

 

エンディングの場面の後、2人はどうなったと思いますか。

 

趣里:

それはみなさんの意見を聞いてみたいですね。

 

 

(このあと、客席の意見を確認すると、結果は趣里さんの予想と逆の結果に)

 

趣里:

(意外な結果に驚きを隠せず)面白いですね。

でも正解はないので、もしかしたら自分がそのときに置かれてる状況によっても感じ方は違うのかもしれないですね。

 

 

圧巻の演技でした。

『ブラックペアン』も一筋縄ではいかない難しい役だったと思いますが、演技をするうえで心がけていることはありますか。

 

趣里:

相手と“会話をすること”ですね。

いろんな現場で感じることは、1人でやってるわけではないということ。

みんなが支えてくれて作っているというその状況を楽しんで、人と一緒になにかをするっていいなってすごく感じていて、その気持ちを大事にしたいです。

 

 

この作品でほっとする場面、または現場でほっとすることはありましたか。

 

趣里:

すごく健康的な、でも集中してやるときはやるという現場だったので、精神的にすごくよかったです。

 

 

最後に。

 

観てくださった人ひとりひとりが全然違う感想だったり視点だったりすると思うので、私も感想を聞きたいですし、みなさんの声を聞いてみたいなと思います。

 

 

181109_ikiterudakede_03

 

  

 

今を懸命に生きる不器用な男女の心情をリアルに綴る、エモーショナルなラブストーリー。

京都ではMOVIX京都で11月9日(金)より公開。

 

 

 

 

『生きてるだけで、愛。』

11月9日(金)公開

MOVIX京都他

監督・脚本/関根光才

出演/趣里、菅田将暉、仲里依紗

http://ikiai.jp/

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

 

181109_ikiterudakede_02

ページトップへ