NEWS

go baaanから京都の最新情報をお届けします!

トップ/NEWS/迫り来る嵐
2019.1.5映画

迫り来る嵐

1997年、小さな町でおきた連続女性猟奇殺人事件。

捜査にとりつかれた男が直面する現実と運命を描く本格サスペンス。

 

 

香港返還が近づき、経済発展に向けて社会が激変しようとする1990年代後半の中国。

小さな町の古い国営工場で警備員を務めるユィ・グオウェイは、近所で起きた若い女性を狙った連続殺人事件に首を突っ込み始める。勝手に捜査を進めるユィは犠牲者のひとりに似た女性に出会い、接近するが事態は思わぬ方向に進んでいく。

ユィに待ち受ける想像を絶する運命とは…

 

 

190105_semarikuru_01

 

 

2017年の第30回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀男優賞(ドアン・イーホン)と最優秀芸術貢献賞を受賞。さらに、この作品が長編デビュー作となるドン・ユエ監督は2018年のアジア・フィルム・アワードで新人監督賞を受賞。

 

 

ダークで重厚な迫力に満ちたサスペンスについて、ゴ・バーン映画部・スタッフトヨDが語ります。 

 

「1997年の中国。ある連続殺人事件が起こり、探偵きどりの近辺工場の警備員が取り憑かれたように事件にのめり込んでいき。。

中盤までは普通のサスペンスの様子。独自に捜査して真実にたどり着く、という感じのよくあるストーリーを頭に思い浮かべながら観ていたら、途中からどうも様子が変わってきて、後味の悪さを残して、終わっていった。

始終雨が降り、ジトジトした空気。

いわゆる「死亡フラグ」を逆手に取ったような展開。

暗くて埃っぽくて、激しい起伏はないけれど、引き込まれた。

 

ラストの真相の部分で、思わず「あっ」と声が出てしまった。

彼の追っていたものはなんだったんだろう。

尊敬され、自信に満ちていた主人公は、これからも嵐のようにどんどん変わっていく中国に飲み込まれていったように見えた。

 

少しモヤモヤする部分があったけれど、パンフレットがしっかり補ってくれていたので、鑑賞後には必読」

 

 

 

殺人事件にとりつかれた男が直面する、現実と運命とは。

『迫り来る嵐』は京都シネマで1月5日(土)より公開。

 

 

190105_semarikuru_02

 

 

 

『迫り来る嵐』

監督/ドン・ユエ

出演/ドアン・イーホン、ジャン・イーイェン

京都シネマにて1月5日(土)より公開

http://semarikuru.com/

© 2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited

ページトップへ