NEWS

go baaanから京都の最新情報をお届けします!

トップ/NEWS/映画『トラさん ~僕が猫になったワケ~』舞台挨拶
2019.3.1映画

映画『トラさん ~僕が猫になったワケ~』舞台挨拶

ある日突然、死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるファンタジー。
Kis-My-Ft2の北山宏光さんが妻と娘への愛は誰にも負けないダメ男と「猫のトラさん」の2役でスクリーンデビューを飾り、そのチャーミングさが話題の「トラさん~僕が猫になったワケ~」。

大阪・TOHOシネマズ梅田に北山さんと筧昌也監督を迎えて行われた舞台挨拶にお邪魔してきました。

 

 

 

190301_torasan_01-01

 

 

 

 

北山さんにとってはご自身初の映画出演であり、
映画初主演となりますが、今のお気持ちはいかがでしょうか。

 

北山宏光(以下、北山):
撮影から1年ほど経ちまして、やっとみなさまに観ていただけてうれしい気持ちでいっぱいです。

 

筧昌也監督(以下、筧)
決して大作ではないんですけど、こんなに大きな劇場(TOHOシネマズ梅田)でみなさんに観ていただいて、感無量です。

 

 

「映画を観たよ」って声はかけられましたか。

 

北山:
けっこういろんな方にかけていただいたんですけど、ジーンときたとか、泣いたと言ってくださった方もいましたね。
出だしから中盤ぐらいまではコメディなんじゃないかって思わせて、最後のほうではまさかあの姿で泣かされるとは思わなかったというお声をいただきました。

 

筧:
ふだんあんまり話さない兄貴からさっきメールがきてよかったなと思いました(笑)。
けっこう絶賛に近くて、オープニングでの北山くんがタバコを吸う姿、そこに寿々男のダメ男の感じが集約されているんですけど、一気に引き込まれたと言ってました。
兄が映画好きで、その影響を受けて僕も映画好きになったんですけど、けっして甘口でない兄やうちの妻もほめてくれたので、胸をなでおろしているところです。

 

 

大阪の印象にはどんなものがありますか。

 

北山:
ツアーでも来ますし、串揚げを食べに行ったりとか…

 

客席:
串カツー!

 

北山:
「串カツ」か。

 

筧:
「串カツ」ってなんだ?

「串揚げ」?「串カツ」って?

 

 

同じです(笑)

 

北山:
串カツはねえ、やっぱり、肉。
あ、エビ!エビはいいよ(笑)。

 

 

各地で計10回行われる舞台挨拶の全国行脚も、ちょうど折り返しにきているということで、いかがですか。

 

筧:
僕は紅生姜が好きです。…じゃなくて?(笑)。
食べ物とは思えないあのピンク色が大好きです。

 

 

のっかっていただいてありがとうございます。

 

筧:
すごく言いたかったんです。

 

 

早く広島に行きたいんじゃないですか?

 

筧:
いやいやいや、大阪も大好きですよ(笑)。
全国行脚の感想は、いや〜間に合ってよかったっていう(笑)。

 

 

この全国行脚では、全10回ですべて異なる質問にお答えいただくという「みっくん×まーくんのトラさんトーク」に挑戦いただいております。

 

筧:
(客席のざわつきを見て)ちょっと「まーくん」にふれていただかないと、まーくんって誰みたいな(笑)。まあ僕なんですけど。

 

 

みなさんご存知のとおり監督です。

 

ここからは「みっくん×まーくんのトラさんトーク」。

お題:今だから言えること

 

北山:
前半のピザまんのシーンで、あれもっといろんなことをやってるんですけど、監督にめっちゃカットされました(笑)。

 

筧:
あそこは自由演技っていうかね、とにかく抵抗してください、ていう演出をして。

 

北山:
足をパタパタして浮いてたシーンわかります?
あれはこう、横に物干し竿みたいな棒を這わせて…

 

筧:
すごく太い物干し竿みたいなのを作って、両サイドから人の力であげてます。
CGとかなにも使ってないというね。

 

 

お題:◯◯を大好きだ

 

北山:
それはもう一つしかないですよ。
「大阪大好きだ」。

 

客席:
(歓声)

 

北山:
関西弁も好きですね、やっぱり。

 

 

どのような関西弁が特にお好きでしょうか。

 

北山:
どのような?
う〜ん、ちょっと関西弁で話してみてもらっていいですか。

 

 

じゃあせっかくなのでお客さんに聞いてみましょうか。

 

お客さん その1:
「なんでやねん」

 

北山:
「なんでやねん」は、好きレベル5段階で、2。

 

 

あんまりときめかない感じでしたね。

 

北山:
僕にときめきをちょうだい。

 

 

お客さん その2:
「めっちゃ好きやで」

 

北山:
そうですね。
今のは5段階中…5だね。

 

 

ありがとうございます!

 

北山:
筧監督もいま横でじんわりきてますからね。

 

筧:
僕は5段階中7ですね(笑)。

 

 

お題:平成最後

 

平成が終わるまでにやっておきたいことがあればお答えください。

 

筧:
僕は映画を作るのが久しぶりだったので、平成中に映画を作ることができてよかったなって思ってます。
だから「平成最後の映画大ヒット」かな。

 

客席:
(拍手)

 

北山:
僕も同じことを言おうと思ってたのに(笑)。
平成最後に僕は映画初主演でした。

 

 

お題:新元号

 

北山:
僕もう考えてるんですよ。
次の元号は「北山」でいいでしょう(笑)
新元号の顔になりたいな。

 

監督:
でも「北山」になっちゃうと、検索で本人が出てくるの遅くなっちゃうよね(笑)。
僕は、「大阪元年」。
…うけるかと思ったらあんまり受けなかった(笑)

 

 

お客様に最後にメッセージを。

 

筧:
数ある映画の中から『トラさん』を選んでいただいてありがとうございます。
映画って口コミでどんどん広がればムーブオーバーしてたくさんの方に観ていただけるので、うまくいったら元号が変わる瞬間も上映をやってるかもしれないですよ。

 

客席:
お〜!(拍手)

 

筧:
(元号が変わるまでの)2ヶ月半って、(上映が続くことが)なくはないですからね。
それで元号が「北山」になったらもう(笑)。
それぐらいいきたいですね。みなさんもご協力ください。

 

北山:
この作品は映画初出演・初主演・初猫だったんですけど、本当に素晴らしいスタッフとキャストにめぐまれて、やっとみなさんに見てもらえることを嬉しく思っています。
本当にみなさんにたくさん愛していただけることで、もっといろんな人にも観てもらえるきっかけになっていくと思いますので、ぜひともよろしくお願いします。

 

 

 

190301_torasan_01-02

 

 

 

 

死んで猫になったダメ夫が、愛する家族に残したいものとはー。
一見かわいいのに、実はこの冬最高の感動作。
「平成最後の大ヒット」に向けて好評公開中!

 

 

 

190301_torasan_02

 

 

 

 

『トラさん~僕が猫になったワケ~』

2019年2月15日(金)
TOHOシネマズ二条 ほか全国公開
監督/筧昌也
出演/北山宏光、多部未華子、平澤宏々路
http://torasan-movie.jp/
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

ページトップへ