特集記事

go baaanからの特集記事をお届けします!

2017.5.19カルチャー

たたら侍
主演・青柳翔さん、監督・錦織良成さん インタビュー

tatara_170519_01

 

 

主演・青柳翔(劇団EXILE)監督・錦織良成エグゼクティブ・プロデューサーEXILE HIROという布陣で送る話題の時代劇エンターテイメント「たたら侍」

その公開を前に、主演の青柳翔氏、錦織良成監督に作品の魅力や撮影秘話などを伺った。

 

 

 

ー 監督の前作である「渾身 KON=SHIN」も日本の心をテーマにされ、かつ青柳さんを主演に選ばれていますが、今回も青柳さんを主役に選ばれた経緯と、青柳さんにはそのオファーのお話を聞かれた際の、心境をお話しいただけますか?

 

錦織監督(以下錦織)

「渾身 KON-SHIN」がモントリオール(世界映画祭)に正式招待され、現地に行った時に、色々な方に「黒澤映画」の匂いがする作品と言っていただいて、これは本人の前で言うと本人が照れるのですが、青柳くんを「まさに三船俊朗だ」という評論があったんです。

それがうれしくて、僕らが楽屋のほうで「じゃ、次は青柳くんで時代劇だね」なんて言っていたのがHIROさんの耳に入ったというのがきっかけです。

 

青柳翔氏(以下青柳)

オファーを受けたときは、この「たたら侍」が、こんなに大勢の方々にご協力していただけるとは思っていなかったですが、お話をいただいたときは嬉しかったです。

その後、AKIRAさんや直己さん、ATSUSHIさん、久石譲さんなどの大先輩方にもご協力いただくことにどんどんなっていったので、緊張感もありましたし、責任みたいなものも感じていました。

 

 

tatara_170519_02

 

 

 

ー HIROさんがこのプロジェクトのテーマとして掲げておられるJAPAN PRIDEということを作品中で体現する、武士道であったりとか、たたら技術のクラフトマンシップなどは日本人にも、そのメンタリティーは伝わりにくいものだと思います。

それを表現するにおいてお二人が心に留めとかれたことなどありますか?

 

錦織

非常に難しいテーマだと思います。

しかし、たたらの技術でできる鉄は決して過去の技術ではなく、この鉄がなければ京都や奈良の仏閣の補修もできない。

コンピュータ制御で作った鉄でも錆びるんですから、1000年前の技術で作った鉄のほうが、いわば最先端なんです。

そのメッセージが今の「時代劇は古い」と思っている若い人たちに向けてのアナログの良さというものとして伝わればいいと思っています。

HIROさんは時代の最先端を行くパフォーマーですけれど、EXILEは少し誤解をされていて、若い人たちだけじゃなく、本当はシニアの人にも楽しんでもらえるものにしたい、「本物」を見せることでそのメッセージは伝わると仰るんです。

時代劇も一緒で、これは年配の方々だけでなく「本物」を見せることによって、若い方にもメッセージは伝わるのでないかと考えているんです。

本当に受けるかどうかより、そういったメッセージを発することの意義に重きを置いてくれるHIROさんというプロデューサーとなら、若者、シニアを含めたすべての人に伝わる「本当のエンターテイメント」が作れるのでないかと感じました。

ましては青柳くんが三船ですから(笑)

 

青柳

偉大な人すぎてなんて応えたらいいか・・・

 

 

 

ー 時代劇というものにはスムーズに入っていけましたか?

 

青柳

映像作品として時代劇に出演させていただくのは初めてだったのですが、歩き方とか立ち振る舞いとかをたくさんの方に相談しました。

でもスタッフさんから「当時の人はもういないんだから青柳くんのやりたいようにやれば、それが一番なんじゃないか」というアドバイスをいただいて、現場では好きにやらせていただきました(笑)

 

錦織

確かに当時の人は生きてないね(笑)

 

錦織

実際、今回、時代考証すると中世の史料は(正確なものは)残ってないんですよ。

ならば今の時代劇も誰かが、明治なり、大正なり、昭和の人が時代劇のイメージを作ってるんです。

なので、僕たちの時代劇を作ろうという考えになりました。

 

tatara_170519_03

 

 

 

ー 今回の伍介の役はもの静かで演じるのが難しかったのでは?

伍介をどういうキャラクターと捉えて、どう役作りに取り組まれたのか、気をつけられたことは?

 

青柳

まず、木刀を振るところから始めました。

今回はセット作りにも非常に多くの方にご協力していただいて周囲に人工物が何も目に入らないところで撮影させていただいて、それは俳優としてはすごく有り難いことでした。

そこで、まず木刀を振りました。

伍介というのはスーパーヒーローではなくて、村を守りたい、でも村下(むらげ:たたらによる玉鋼作りを伝承する者)を継がなくてはならない、でもこのまま村下になって、大切な人を守れるだろうかということを一生懸命考えたあげく、一子相伝の村下でありながら無理をして村を出て、失敗して戻ってきて、それでまた行動しようとすると失敗してしまうという難しい役どころだったので、大変やりがいがありました。

そして、その伍介が最後に取った行動が、伍介の成長として見せられるような役だと思って取り組みました。

 

 

 

ー この「たたら侍」という作品は、けっこう伍介にとっても山あり谷ありというストーリーだったと思いますが、その中で一番印象に残ったシーンはどこですか?

 

青柳

やはり玉鋼を作る操業のシーンは、僕は3回体験させてもらって、1回目は見学、2回目に体験、3回目に撮影クルーを入れて撮影をさせていただきました。

実際の村下の方とたたらの方がいい玉鋼を作りたい、という気持ちで仕事されている本当の現場に撮影クルーを入れさせていただいたのですごく印象に残っています。

村下側も本気なので、撮影クルーも熱くなりました。

 

 

 

ー そういう1000以上続く伝統の技に触れる体験は役作りに役立ちましたか?

 

青柳

すごく(いろいろ)教えていただきましたし、火に立ち向かっていく心・・・すごく熱いんで・・・。

そういう姿勢にはすごく刺激を受けました。

 

 

 

ー その「立ち向かっていく」というのはどういうふうに「立ち向かっていく」と(お聞きになりましたか)?

 

青柳

それは何回か聞いたんですが、俺が解釈した結果、結局、気合いでしたね(笑)。

熱くないんですか、って聞くと「熱いよ」、じゃあ、どうするんですかって言うと「耐えるしかねえな」と。

・・・そうですよね・・・って言って。

 

 

tatara_170519_04 

 

 

 

ー さきほどオープンセットの話が出ましたが、この作品を作るにあたって最初からああいう壮大なものを作ると決められていたんですか?

 

錦織

CGの使用は極力やめようと考えていました。

なぜなら4Kでフィルム仕上げにしようと思うと、CGが浮いちゃうんです。

CGは2Kだから通用するようなものなんです。

本当のビシッとした映像を撮るには本物の景色には勝てないですから。

じゃあどうするか、っていうときに30年前に空港建設が塩漬けになった土地があったので、方々の大勢の方にご協力いただいて、使えるようにしていただいて、そこを整備して地元の宮大工さんや建築業者さんなどにも動いていただいて、20棟建てました。

一切手抜きなし、釘を使わず、っていう「セットじゃない」本物の建物を建てていただきました。

青柳さんはそのオープンセットを見られていかがでしたか?

 

青柳

何もない所から着工して、どんどんと出来上がって行くさまを見させていただいていたので、感動したし、ここでお芝居ができることは本当に幸せなことだと思いました。

現場にニワトリはいるし、本当に野菜は植えているし、雑草を踏んだら怒られるし・・・。

「雑草じゃないから!」って言われました。

 

錦織

なんでかって言うと、雑草の種を買ってきて植えたんです。

一番若いスタッフが「俺のギャラより高い!」って。

そりゃ怒られます。

雑草も植えて、木も全部植えてますから。

何もない禿げ山に村一個作った感じです。

基本、CGでものを作るのはナシで、北前船のシーンも青森の方が作ったって聞いていたんですが、すでに陸にあがってるって話で、「わさお」の時にお世話になった方に手回ししていただいて、実際に湾に浮かべて撮っているんです。

でも、昔は(昔の現場は)それが当たり前だったんです。

亡くなった池谷さん(美術監督の池谷仙克氏。2016年10月没)は、(ここまでしても)東京でセット組むのと比べたら島根は1/3で済むって言われてましたね。

地域創生とかって言われますが、地域の力ですね。

 

 

 

ー 青柳さんは、この作品に出演されたあと、仕事面、プレイベート面、どちらでも結構ですので何か気持ちのうえで変わられたことはありますか?

 

青柳

どの現場もそうなんですけど、(先ほど話に出た)美術の池谷さんなんかは1年も前から準備をしていただいて、衣裳もすべて手縫いで、本当に色々な方の力を貸していただいて出来た映画だなと、今回は特にそう感じましたので、その気持ちは大切にしたいなと思いましたね。

 

本物の時代劇を作り、本物のメッセージを伝え、本物のエンターテイメントを提供するという熱い想いがつまった作品であることが、監督と青柳氏の言葉からひしひしと伝わる「たたら侍」。

日本人が忘れがちな、だが日本人だからこそ立ち返ることが必要なメンタリティーを新たな世代にも伝える新しい時代の時代劇に期待が高まる。

映画「たたら侍」は5月20日(土)全国公開。

 

公式サイト:

https://tatara-samurai.jp/

 

 

tatara_170519_05

ページトップへ