特集記事

go baaanからの特集記事をお届けします!

トップ/特集記事/映画/『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』トークイベント
2017.11.1映画

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』
トークイベント開催

チリの国民的英雄の逃亡劇を描いた実話「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」。

京都国際映画祭での上映にて、NON STYLEによるトークイベントが開催!

 

 

P1044860

 

昨年は歌手であるボブ・ディラン氏、今年は日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が受賞するなど、昨今、日本国内でも注目されるようになったノーベル文学賞。

 

優れた文学を創作した人物に与えられる賞だが、“パブロ・ネルーダ”は1971年に共産主義の政治家でありながら、ノーベル文学賞を受賞したチリの国民的詩人。

 

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』では、第二次世界大戦後ビデラ政権によって共産党が非合法化されたため、逮捕を宣告されたネルーダが逃走と弾圧の中で書き上げた詩集『大いなる歌』が生み出された背景にある逃亡劇を描きます。

 

京都国際映画祭での上映に際し、映画の応援芸人であるNON STYLEのお二人と、司会進行のロバータによるトークイベントが開催されました。

 

 

作品の感想を。

 

NON STYLE 石田(以下、石田)

詩が素敵ですね。全編通していろんな詩がどんどん出てきまして、、

 

NON STYLE 井上(以下、井上):

実際のお話ですし、勉強になりますよね。

 

ロバータ:私はネルーダさんを存じ上げていなかったんですけど…

 

石田:ロバータという名前なのに?

ロバータさんは「ネルーダに似てるから」キャスティング

井上さんは「逃亡者」キャスティングですよね。

 

井上:やめろお前は!

誰が逃亡者やねん。

 

石田:それで僕が「大いなる愛」キャスティングです(笑)。

 

 

ネルーダは1900年代中頃にチリで活躍した外交官であり、政治家であり、ノーベル文学賞を受賞した詩人であり、チリでは英雄的存在です。

 

井上:日本でいったら小泉純一郎さんが映画化されている感じ?

 

石田:こいじゅん?

 

井上:こいじゅんていうな。

田中角栄さんなんかが映画化されてる感じですかね。

 

 

 

詩人であるネルーダは女性に対して情熱的な詩をたくさん残していますが、 井上さんは女性を想って詩を書いたことはありますか?

 

石田:やっぱり作詞作曲してますからね。

 

井上:でもこの映画に出てくるような素晴らしい詩はかけないですね。

 

 

本作品の主演を務めるルイス・ニェッコは、チリでは俳優・コメディアンとしても有名で、 “チリのビートたけし”ともいうべき存在です。

石田さんは執筆などもされてますけど、作品に主演してもらいたい人はいますか?

 

石田:やっぱり井上さんに主演してもらいたいですよね。

絵になる男じゃないですか。

 

井上:“吉本のキムタク”です、ありがとうございます。

 

 

この映画の邦題は『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』ですが、井上さんは逃亡されたことは?

 

 

井上:なんやその質問は!!

 

石田:ニゲータさん!

 

井上:だれがニゲータやねん!

 

 

 

最後に本作の見どころを。

 

井上:我々の仕事もそうなんですけど、 追い込まれれば追い込まれるほど反発して面白いことが生まれるということがあるので、 見ていて共感できました。

 

石田:追い込まれていくにつれ、なんか猟奇的なパーティーみたいなのが出てくるんですけど。

ぜひみなさん、キーマンの“オカマ”の登場を楽しみにしてください。

 

 

P1044819 

 

パブロ・ラライン監督が仕掛ける、独創的な文学サスペンス。

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』は12月9日よりシネ・リーブル梅田にて公開。

京都では京都シネマにて近日、順次公開!

 

 

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者

公式サイト:http://neruda-movie.jp/

 

京都シネマ:

京都市下京区 烏丸通四条下る水銀屋町620  COCON KARASUMA3F

http://www.kyotocinema.jp/

ページトップへ