特集記事

go baaanからの特集記事をお届けします!

トップ/特集記事/映画/映画「不能犯」大阪舞台挨拶で沢尻エリカ、松坂桃李が豆まき登場。
2018.2.6映画

絶賛公開中 映画「不能犯」
大阪舞台挨拶で沢尻エリカ、松坂桃李が豆まき登場。

 

2月1日から公開している映画「不能犯」の大阪舞台挨拶が、2月3日の節分の日に行われた。登壇した主演の松坂桃李と沢尻エリカと白石晃士監督は、節分の日にちなんで、サプライズ演出で豆をまきながら登場。

 

P1000434

P1000448

 

松坂は「豆の袋にシールが貼ってあって。多分、スタッフさんが一つ一つ張ったと思うんですよ。なので、愛情がこもった袋に福が詰まっていますので、何なら今食べてください」と話すと、沢尻は「お客さんとの距離が近いので、私の持っているとこらから、みなさんどんどんとっていかれて」と言って会場を沸かした。

 

映画「不能犯」は「グランドジャンプ」で連載されている、同名人気コミックを松坂と沢尻が実写化。マインドコントロールで人操り、手を汚さずに相手を死に追いやる殺人者・宇相吹(松坂)と、事件を追うただ一人、彼がコントロールできない女性刑事・多田(沢尻)の戦いを描くサスペンススリラー。

 

P1000639

 

公開された心境を聞かれると松坂は、「ようやく公開できたというのが素直な気持ちと言いますか。嬉しいですね。本当に、撮影期間よりも番宣期間の方が長かったような感じがしていて、、(笑)」。

本作の番宣で、いろんなバラエティ番組に出演した松坂桃李。「ありがたいことに、いろいろやらさせてもらいました。シソンヌさんとコントやったりしました。しかも、即興で」と、番組で無茶振りされたことを明かした。

 

P1000753

 

一方で、オファーがあった時の印象を聞かれると沢尻は、

「原作の漫画は読んでなかったんですけど、本をいただいて脚本読ませていただいて、すぐにその世界観に入りこみました。もともとサスペンスやアクションが好きなので、そうゆう映画ばかり見るんですけど、女性刑事でアクションがある役どころだったので、すぐに『絶対やりたい!』と思ってオファーを受けさせていただきましたね。でも、自分が思っていた以上に実際にアクションして動いてみるのが難しくて。現場で『こうゆう感じで動いてください』と言われ、『できそうだな』って思うんですけど、やってみると体が動いていかなかったりして。こんな大変なんだ、って思いながら何度も研究しながらやっていましね」と本作で挑戦したアクションに苦戦したことを明かした。

 

P1000593

 

それを聞くと監督は、「今回は非常にハードな役だったんですけど、現場の素敵な可愛らしい感じを見てると、次はぜひ可愛らしい感じの役で出ていただきたいなとか、思ったりしてます(笑)。沢尻さんの素の魅力がそのままキャラクターに反映されてるような感じが見たいな~って」と告白。

それを聞いた沢尻は照れ笑いを浮かべた。

 

 

 

最後に松坂の役所にちなんで、“拳銃を撃つマネをすると打たれるふりをする”というマインドコントロールをお客さんにかける、という大阪ならではの演出が行われ、客席に向かって撃つと、真っ先に監督が倒れて会場を沸かした。

 

P1000697

P1000736

 

マスコミ用のフォトセッションでも、監督がおどけた表情をすると、客席から沢尻に「監督の真似して~」と声が上がり、「え!私?」と驚くもしっかりとポーズをして答えると会場から拍手がわき、松坂と沢尻は終始、大阪ノリを披露して観客を喜ばせた。

 

P1000849

 

映画「不能犯」はTOHOシネマズ二条、T・ジョイ京都ほか、全国で絶賛公開中。

公式ホームページ:http://funohan.jp

 

『不能犯』サブ1 s 『不能犯』メイン s

 

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

ページトップへ