特集記事

go baaanからの特集記事をお届けします!

トップ/特集記事/新店/~ ゴ・バーン編集部 お店訪問記 ~
2017.7.31ショップ

~ ゴ・バーン編集部 お店訪問記 ~
スタッフカマD、麺屋 愛都さんへゆく

aito_170731_01 aito_170731_02

 

店内はもちろん新店というのもありますが、とても清潔感があって、内装もシンプル。

テーブル席が5席と、壁向かいの一人席が8席ほど。

カウンターだと店員さんと目があったりして落ち着いて食べられませんが、これなら女性一人で来ても周りを気にせず食事できます。

 

 

aito_170731_03

さて私が頼んだのは「全部のせラーメン 1,100円」

 

角煮のような肉厚のあぶりチャーシューが3枚と味玉1個、海苔5枚が白濁スープに浮いていて、見るからにボリューム満点!!ですが、鶏豚骨スープは一見濃厚そうなのに、これが意外と後味スッキリ。

豚骨のコクと、鶏のうま味が調和した程良いスープは、最近良く目にする極濃鶏スープ系ではなく、あまり京都で味わったことのない旨味が引き立つ新しい味。

でも主張しすぎないのでトッピングが引き立ち、麺と具を良いバランスで食べ進められます。

スープに程よく絡む中細麺を半分食べたところで、気になっていたスパイスを投入。

ホワイトペッパーを入れると味が引き締まり、先ほどまでと違った濃い目の味を楽しめました。

最後は主張の強そうなカレーパウダーを。ガラリと味が変わり、カレーと鳥豚骨が絡み合って、濃厚カレーラーメン風に!

他にもレッドペッパーやガーリックもあったので、次回のお楽しみにしたいと思います。

スパイスによって色んな楽しみ方ができるので、知らぬ間に完食していました。

 

aito_170731_05

 

 

aito_170731_04

そして、特筆すべきは愛都名物から揚げ。

 

友人が頼んだのを半分食べましたが、これがまた大きくてサクッとジューシーで、驚きの美味しさ。

ラーメンに合うように調合された特性タレに漬け込んで揚げているとの事。

正直ラーメン屋さんのから揚げは当たり外れが多く、『まぁラーメンが主役だから…』と自分に言い聞かせることがしょっちゅうなのですが、これはから揚げ単体だけでも食べに来たいくらいのレベルです(持ち帰りもあります)。

ボリュームももちろん言うことなし。

ちなみに、から揚げにもお好みのスパイスをかけて楽しんでいただけます。

 

女性一人でも、友人とでも、ラーメン通の方にもぜひ一度足を運んでほしいラーメン屋さんです!(ちなみに、今秋には祇園店もオープン予定だそうですよ~)

 

 

店舗情報:

麺屋 愛都

603-8353  北区平野上八丁柳町35-5

075-406-0294

11:00~23:00

不定休

http://menya-aito.com

各種SNSページ有

店舗 フリーWiFi有

ページトップへ