特集記事

go baaanからの特集記事をお届けします!

トップ/特集記事/連載/知ったかぶり京都「貴船神社」
2017.9.29

多聞堂
義経ファン必見!鞍馬寺の故事にちなんだ門前名物。

源義経(牛若丸)が幼少期を過ごしたことでも知られる鞍馬寺

「笛桜」「僧正ヶ谷」「清水」など、義経ゆかりの史跡が残り、それを目当てにやってくるファンの足が絶えません。

鞍馬弘教総本山として参拝客も多く、輸送機関としてケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者であるため、鉄道ファンにも喜ばれるスポットにもなっています。

 

 

170925_tamondo_01

そんな鞍馬寺を訪れる人々を癒してきたのが、鞍馬寺の門前に位置する「多聞堂」

伝統製法で手作りする和菓子が人気の、老舗和菓子店です。

 

 

170925_tamondo_02

その中でも人気なのが、義経にちなんで名付けられた、名物の「牛若餅」(1個 120円)。

貴船産の栃の実を混ぜた餅で塩気のあるこし餡をたっぷり包んだ餅菓子で、鞍馬寺の門前名物として知られています。

 

 

170925_tamondo_03

お抹茶でいただくとまた格別。

 

 

170925_tamondo_04

また、糝粉(しんこ)を水でこね、蒸してついた餅であるしんこ餅を、鞍馬寺の毘沙門天の使いである虎にちなんで名付けた「神虎餅」(120円)も人気。

その名称から阪神ファンへのお土産にも喜ばれそうです。

 

 

170925_tamondo_05

店内は甘味処となっており、趣のある店内で、「牛若餅とおうすのセット」(594円(税込))や、うどん・蕎麦などの軽食も楽しめます。

 

伝統の甘味で癒されながら、歴史のロマンに思いを馳せてみませんか。

 

 

多聞堂

075-741-2045

〒601-1111 左京区鞍馬本町235

9:30〜16:30

水曜休(臨時休業あり)

 

 

 

 

関連項目

ページトップへ