1. HOME
  2. 特集
  3. 【9月30日(金)より全国ロードショー】映画『マイ・ブロークン・マリコ』

SPECIAL

特集

【9月30日(金)より全国ロードショー】映画『マイ・ブロークン・マリコ』

あんたの遺骨は、あたしが連れてく。
永野芽郁が叫び、飛び、裸足で走り、ダチの遺骨を強奪!!

映画『マイ・ブロークン・マリコ』
9月30日(金)よりTOHOシネマズ二条、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズ西宮OSほか全国にてロードショー

C2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

 

鬱屈した日々を送るOL・シイノトモヨは、テレビのニュースで親友・イカガワマリコが亡くなったことを知る。
突然の出来事にうろたえるシイノだが、自分ができることを考えた末、マリコの遺骨を強奪して逃亡。
彼女の遺骨を抱いて旅に出る—。


平庫ワカのコミック『マイ・ブロークン・マリコ』が、タナダユキ監督のメガホンで映画化。
主演に永野芽郁を迎え、いよいよ2022年9月30日(金)に全国公開される。
原作の『マイ・ブロークン・マリコ』は2019年に無料WEBコミック誌「COMIC BRIDGE」で連載(全4回)されるやいなや毎話SNSでトレンド入りし、翌年出版された単行本(全1巻)では即重版が決定するなど、爆発的な反響を呼んだ。
また、「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞を受賞、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位にランクインしたほか、2021年に文化庁が主催するメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞するなど、ほぼ無名に近い新人作家の初連載作にも関わらず、異例の快挙を成し遂げ話題となった。

「親友の遺骨を持って旅に出る」という今までにない斬新な物語設定と、みる者に投げかける答えの見つからない問いかけが、多くの読者の心に刺さり一瞬にしてその世界に引き込んでいく。
映画では、タナダ監督の力強さと繊細さを兼ね備えた演出、永野芽郁のこれまでのイメージを大胆に覆す役柄と演技、そして原作の持つ物語の力がひとつになり、人間の儚さと逞しさが、優しく熱をもって描かれている。

 

 

あたしには正直、あんたしかいなかった。

 

 

ブラック企業に勤め、鬱屈した日々を送るOL・シイノトモヨ(永野芽郁)は、テレビのニュースで親友のイカガワマリコ(奈緒)が亡くなったことを知る。
彼女の死をにわかに信じられないシイノだが、小学生時代から父親(尾美としのり)に虐待を受け、彼氏から暴力をふるわれていたマリコのために何かできることはないか考えた末、「今度こそあたしが助ける。待ってろマリコ」と鞄に包丁を隠し持って彼女の実家を訪ねる。

 

父親の再婚相手・キョウコ(吉田羊)が親切に部屋へ招き入れると、そこにはマリコの仏壇の前に座っている父親がいた。衝動的に父親の背中を跳ね飛ばし、仏壇を破壊して、マリコの遺骨を強奪するシイノ。
「刺し違えたってマリコの遺骨はあたしが連れて行く!」と、そのまま窓から飛び降りる。

 

裸足のまま家に帰ったシイノは、押し入れの段ボールにしまっていた古いクッキーの空き箱を見つける。
その中にあったのは、マリコからシイノに宛てた数々の手紙だった。マリコの遺骨と手紙を抱いて、旅に出ることを決心するシイノ。
行き先は、かつてマリコが行ってみたいと言っていた“まりがおか岬”だ。

 

電車とバスを乗り継いで目的地に到着した途端、ひったくりに鞄を盗まれ途方にくれるが、たまたま居合わせたマキオ(窪田正孝)に助けられて一難を逃れる。

かつての思い出を胸に、骨になったマリコとの
最初で最後の“ふたり旅”がはじまる—。

公式HPはこちら

 

 

【作品概要】
■出演:永野芽郁 奈緒 窪田正孝 尾美としのり 吉田羊
■監督:タナダユキ
■脚本:向井康介 タナダユキ
■音楽:加藤久貴
■原作:平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』(BRIDGE COMICS/KADOKAWA 刊)
■エグゼクティブプロデューサー:小西啓介
■コー・エグゼクティブプロデューサー:堀内大示 大富國正
■企画・プロデューサー:永田芳弘
■プロデューサー:米山加奈子 熊谷悠
■共同プロデューサー:横山一博 岡本圭三 成瀬保則 

■音楽:加藤久貴
■撮影:高木風太
■照明:秋山恵二郎
■録音:小川武
■美術:井上心平 

■装飾:遠藤善人
■編集:宮島竜治
■VFX スーパーバイザー:諸星勲
■音響効果:中村佳央
■スクリプター:増子さおり
■スタイリスト:宮本茉莉
■ヘアメイク:岩本みちる
■キャスティング:山下葉子
■助監督:松倉大夏
■制作担当:村山亜希子
■製作:映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会(ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA/エキスプレス)
■製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ

C2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

 

SPECIAL LIST

最近の特集一覧