STAFF BLOG

京都の情報誌「ゴ・バーン」スタッフが京都を上ル下ル!!
京都の話題やオイシイ情報満載の裏話ブログ

トップ/スタッフブログ/京都ちょっとヘンなもの特集
2018.1.13スタッフぶらぶら日記

京都ちょっとヘンなもの特集

スタッフモリチャン

みなさん、こんにちは。

スタッフモリチャンです!

 

仕事柄、「どこどこ周辺の隠れスポット」的なリサーチを頼まれるのですが、大好きです。

ネットでのサンプリングではなく、基本、京都・大阪あたりなら実地で動きます。

行ったところで「コレッ!」って思ったものはスマホ撮りします。

レポート作って溜まってきたら古いのから消していきますが、時々別のネタに使えそうなものは残します。

それも知らない間に溜まっていきます。

 

今回は、もうそろそろ消したい「京都ちょっとヘンなものアルバム」をブログに吐き出しておきます。

 

 

<働く少年の像>

 

180113_1628

 

円山公園の片隅で、ひっそりと勤労学生を讃えています。

働きながら勉学に励む苦学生=仕事は決まって新聞配達・・・

勤労学生=なのに女の子の像はない・・・

これが「勤労学生」象徴、アイコンであり続けられるのはいったいいつまで?

10年後、飲食店で働く男女や、ティッシュ配りの像に変わってるかもという妄想を膨らませ、その地を後にしました。

 

 

<どうしてここに?の結びみくじ>

 

180113_1661

 

清水寺山門降りて、ちょっと行ったところの観光トイレ前。

よほど納得のいかない運勢だったのか、お寺の中でも神社の中でもなく、トイレ前の木の枝におみくじ。

「くそでも喰らえ」と、言いたくなるような事が書いてあるのだろうか?

なんか闇も感じます。

 

 

<いったい何屋さんなんだ?>

 

180113_1663

 

180113_1665

 

商売している風はなし、ひたすらへんなものが置いてある家。

「学校出てから10余年 毎月ギリの給与で

となり変人1DK 振込もややディレイ

意味なくでっけえオブジェ こいつのせいで超せめぇ

だれの作? 聖(セイント)おじさん」

電気グルーヴ&スチャダラパー「聖おじさん」の歌詞を思い出した。

 

 

<猪突猛進大好きです>

 

180113_1676_02

 

基本、頭良いフリが大好きですが後先考えないほうなので、摩利支天尊さまは自分的守り神です。取材で近く通るときは基本立ち寄ります。

あんぐり口を開けてツッ立っている獅子より、やる気満々な猪さまが好きです。

 

 

<明智光秀の首塚>

 

180113_0530

 

このような、かなりな怨念を抱えているという想像もかたくない人物の首塚が、ほぼ住宅と密接して存在している京都の空恐ろしいディープさ。

いくら恨みを孕んでいても、もう死んでいない者の怨念より、生きてる京都人のいけずが怖いので、誰もオカルト的な恐怖には意に介さないのかも?

かくいう私も、他府県で下宿生活もしたことがない生粋の京都人です。

アーカイブで並び替え
カテゴリで並び替え

スタッフ紹介

ダーツー

常に沈着冷静、声をはらない男。
京都出身。

くま

酒と涙とチワワとBUCK-TICK。
大阪出身。

まる

優しさあふれる愛されキャラ。京都出身。

イチ

「俺の名をってみろ」イチと申します。京都出身。

もーりー

丹後から上京して来たサブカルメガネ。丹後も京都だ。

タケ

古代エジプトの魅力に取り憑かれた男。京都出身。

ページトップへ