STAFF BLOG

京都の情報誌「ゴ・バーン」スタッフが京都を上ル下ル!!
京都の話題やオイシイ情報満載の裏話ブログ

トップ/スタッフブログ/エビのビスクを作ってみた
2017.12.1レシピ

エビのビスクを作ってみた

スタッフモリチャン

こんにちは!料理男子のスタッフモリチャンです!

 

今回は、レシピシリーズです。

別企画で近々、オリジナルレシピを一品、立ち上げようかと思っていまして、その試作の一環で普段は捨てちゃうエビの頭&殻を用いた「エビのビスク」を作ってみました。

で、本番のレシピではもうひと工夫する予定なので、今回も、そのビスクを焼きリゾットにかけるオリジナル料理にしたいと思います。

 

 

<エビのビスク>

エビの殻  ・・・ 5~6匹分

にんにく  ・・・ 1/2

タマネギ  ・・・ 1/2個

ニンジン  ・・・ 1/4本

水     ・・・ 150ml

トマト缶  ・・・ 1/2

酒     ・・・ 大さじ3

コンソメ  ・・・ 1つ

ケチャップ ・・・ 小さじ1

塩     ・・・ 小さじ1/2

牛乳    ・・・ 250ml

バター   ・・・ 大さじ1

 

<焼きリゾット>

お米      ・・・ 1.5合分

タマネギ    ・・・ 1/4個

オリーブオイル ・・・ 大さじ1

バター     ・・・ 大さじ1

醤油      ・・・ 大さじ1

コンソメスープ ・・・ 400ml

水       ・・・ 適量

 

 

 

<ビスク作り>

 

1.にんにく、ニンジンはみじん切りにして、タマネギはスライス。

 

2.にんにくをオリーブオイルで炒め、次に野菜を加える。野菜がしなっとなったらエビの頭、殻を炒める。

 

171201_01

 

171201_02

 

 

3.エビの殻の色が変わったら、水を加えてミキサーにかける。

 

4.漉し器やさらしで漉し、鍋に戻す。

 

171201_03

 

 

5.トマト缶、お酒、コンソメ、ケチャップ、塩を加えて10~15分煮る。

 

6.牛乳とバターを加える。煮立たせないでバターを溶かす。

 

171201_04

 

 

 

<焼きリゾット>

 

1.お米は研ぎ、ざるで水を切っておく。

 

2.タマネギをオリーブオイルとバターで炒める。

 

171201_05

 

 

3.タマネギに火が通れば、洗い米を入れ、醤油と短時間さっと炒める。

 

171201_06

 

 

4.コンソメを適量溶かしたコンソメスープ400mlのうち、お米がひたひたに浸かるまで入れる。

 

5.少し弱い目の中火あたりでゆっくり水分を飛ばすように炊く。少しなら混ぜてもOKだが、基本混ぜすぎないように!

 

6.水分がなくなってきたら、一度、なべ(フライパン)全体を混ぜ、お米を平らにならす。

 

7.2回目のコンソメスープを加える。また、ひたひたに浸かるまで。

 

8.また、あまり触らず、1~2回かき混ぜて同じく水を飛ばしていく。

 

9.味見をしてお米に少し芯が残る程度なら完成。堅いようなら水を追加して、お米が良い状態になるまで炊く。

 

10.リゾットとして食べるのには、この時点で完成。

 

11,お好みのオイルの量で型にいれたリゾットを焼いていく。

 

12.焼きリゾットを器に移し、煮え立たさないように温めたビスクを注ぎ入れて完成!

 

171201_07_02

 

 

 

やってみた感想としては、すごくうまくいきました!

エビの濃厚な風味が、まろやかに口に広がります!今回、焼きリゾットの具をタマネギだけにして、かつチーズリゾットとかにしなかったのは、本番レシピでは、この焼きリゾットの中に「牡蠣みそ」を入れる構想があったからシンプルにしました。

これは牡蠣みそ入りバージョンも期待大です。

 

是非、みなさんもやってみてください!(もこみち風の言い方で)

アーカイブで並び替え
カテゴリで並び替え

スタッフ紹介

ダーツー

常に沈着冷静、声をはらない男。
京都出身。

くま

酒と涙とチワワとBUCK-TICK。
大阪出身。

イチ

「俺の名をってみろ」イチと申します。京都出身。

もーりー

丹後から上京して来たサブカルメガネ。丹後も京都だ。

タケ

古代エジプトの魅力に取り憑かれた男。京都出身。

ページトップへ